9/29(水)5時に夢中!にご署名ネットが出演しました >>

読めないサインを書いても大丈夫?落書きにしか見えないサイン紹介

守屋祐輔

守屋祐輔

ご署名ネットの代表兼デザイナー兼サイン専門家。個人・業界人問わず多種多様なサイン作成を請け負い、東京2020メダリストのサインも手掛けた。TV、ラジオ、雑誌など幅広く出演。きめ細やかな対応と素早いレスポンスが可能。

FOLLOW

サインは必ずしも読める必要はありません。殴り書きしたようなデザインでも、子どもが落書きしたようなデザインでも、それらも立派なサインなのです。

読めるサインと読めないサインはどちらを使ったほうがいいのか、それぞれメリットとデメリットを紹介します。

読めるサイン

パッと見て何の文字が書かれてあるか区別がつくサインは可読性のあるサインです。1文字1文字が丁寧に書かれているため、誰のサインか一目瞭然ですね。

一方で、文字の崩しは最小限になり、1文字ずつきっちり書くことになるため、サイン特有のサラサラッと書くスタイルには向かないですね。大量にサインする場合は腕が疲れてしまうかもしれません。

読めるサインのメリット

  • 誰が書いたかひと目でわかる
  • 真面目な印象を与える

読めるサインのデメリット

  • 書くのに時間がかかる
  • 大量のサインには不向き(疲れる、時間がかかる)
  • 真似されやすくなる

読めないサイン

ぐしゃぐしゃと書かれたサインは可読性がありません。誰が書いたサインなのか、何と書いてあるのか、書いた本人でしかわからないことが多くあります。

デザイン性を重視したい時は読めないサインが向いています。また、短時間で素早く書くことができるメリットもありますね。

読めないサインのメリット

  • 短時間で書ける
  • 独自の形を折り込んだデザインに仕上がる

読めないサインのデメリット

  • 書き直しを要求されるケースもある
  • 複雑すぎる場合、再現性が保てなくなる

サインに求められるのは再現性

サインに求められているもの、それは繰り返し同じ形が書ける再現性です。読める・読めないではないのです。

サイン社会で本人確認するためには、同じサインが書かれることが大切です。

日常生活においていちいちサインが照合されることはありませんが、厳格に本人確認が求められるケース(例えば銀行口座開設など)においては、免許証などのサインと自筆サインの整合性が確認されます。

デジタルでサインデータが保存されて比較される地域もあり、サインのデザインが異なっていると書き直しを言われることもあるのです。

この時照合しているのはあくまでもサインの形で、可読性ではありません。読めないサインだとしても、そこが問題になることはありません。

※口座開設では読めるサインが求められることもあります

落書きのようなサインの例

こちらのサインを御覧ください。

アメリカ財務長官のサイン

まるで子どもの落書きのようなぐるぐるした図形ですが、実はこれ、元アメリカ財務長官ジェイコブ・ルー氏のサインです。全く読むことができませんが、立派なサインなんですね。

財務長官のサインはドル紙幣にプリントされるのですが、オバマ元大統領は「アメリカの品位にそぐわない」との理由で、ルー氏に別のサインをするよう指示したんだとか。

そして結局このサインに落ち着きました。

アメリカ財務長官のサイン

読めないからダメとは言われてないのがポイント

ジェイコブ・ルーさんのケースでは、オバマ元大統領は品位にそぐわないことを理由にデザイン変更を指示しましたが、決して読めないことに言及したわけではないことに注目です。

それもそうです。先に紹介したように、サインには元々可読性は求められていないのです。

繰り返し同じ形が書ければそれでよく、読めないことが問題になるのはまずありません。

動画で紹介

読めるサインと読めないサインについて、YouTubeで動画紹介していますので、御覧ください。

読めないサインはプロにお任せください

読めないサインなら適当に作ってもいいだろう、というのはちょっと待って下さい。

落書きのようなデザインはあなたの品位を損いかねませんし、もし部下を持つ人は会社を代表してサインするような人の場合、見た目が良くないサインはあなた自身や社の評価を低下させるかもしれません。

ご署名ネットでは数多くの作成実績がありますので、程よく崩したバランスのサインを作成いたします。ぜひプロにお任せください。

自分が好きなデザインを持とう

読めるサイン、読めないサインは気にする必要はありません。

「なんとなく好きなデザイン」とか「雰囲気が気にいった」など、感性に従って選ぶのが一番です。

思い切って大胆なサインを作ってもいいし、すごくシンプルなデザインにしても構いません。

色々と試行錯誤してみましょう。

ご署名ネット代表 兼 デザイナー
守屋 祐輔

サイン作成のお申し込みはこちら
取材・メディア等お問い合わせはこちら
ご意見・ご感想は下部コメント欄へどうぞ

守屋祐輔

守屋祐輔

ご署名ネットの代表兼デザイナー兼サイン専門家。個人・業界人問わず多種多様なサイン作成を請け負い、東京2020メダリストのサインも手掛けた。TV、ラジオ、雑誌など幅広く出演。きめ細やかな対応と素早いレスポンスが可能。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。