ここではアルファベットUを使ったサインの作り方、Uの崩し方をご紹介しています。

スポンサーリンク

サインの書き方「U」について

日本語でUは母音の「う」として使われるため、サインにおいて登場する頻度はかなり高めです。

しかしその独特な形ゆえ、サインとしてきれいに書くには少々ハードルが高いのも事実。

私も普通にブロック体でUを書く時のバランスにいつも悩まされています。

サインではそこを逆手に取り、独特な形だからこそ演出できるオリジナリティをふんだんに取り入れるようにしましょう。

Uの形を大胆に崩す

(Usagiと書いています)

一見するとUには読めないかもしれませんが、Uを大胆に崩すとこんな形になりました。

Uの曲線を緩やかな線で表現し、全体的に柔らかさを演出してみました。

シャープなU

Uの線を交差させ、さらに丸みではなくシャープさを取り入れることにより、全体的に鋭くてスピード感のあるUsagiになりました。

本来は丸いはずのところを敢えてシャープに書くなどのような「ギャップ」を採用することは、特徴的なサインを作る上でとても大切な要素といえます。

カタカナに見えるU

カタカナの「ム」にも見えてしまうUです。

本当にこのデザインを採用するかどうかは別にして、別の文字にも見えてしまうくらいに大胆に崩すことがサインづくりにおいて重要なことといえます。

片方の線を極端に長くしたU

一見するとTを崩したようにも見えますが、これはUの左の線を長く書き、次に続くSの書き始めがUよりも左側にきているため、そう見えてしまっているのが原因です。

これでもちゃんとUsagiと書いています。

Uを全体にかぶせる

ゆるやかなカーブのUを利用し、文字全体にかぶるような配置にしてみました。

1番最初に紹介したデザイン例もゆるいカーブを採用していましたが、今回のサインは他の文字と重なっているのが特徴です。

サインを作る時はキレイに1文字1文字を書こうとしないことです。

どんどん他の文字にかぶせ、コンパクトさや書きやすさを追求してみましょう。

さらに詳しいテクニックはメルマガで!

ご署名ネットのメルマガでは、さらに詳しいテクニックの紹介や、サイン・署名の豆知識など、知って得する情報を不定期でお届けします。

ぜひご登録ください。





万が一うまく送信できない場合、大変お手数ですが「お問合せ」からご連絡いただきますようお願い致します。

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

その他のアルファベットはこちら。

スポンサーリンク