ここではアルファベットKを使ったサインの作り方、Kの崩し方をご紹介しています。

Kから始まる一般的な名前の書き方例も掲載していますので、ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

サインの書き方「K」について

Kはアルファベットの中でもスタイリッシュに決めやすい文字の1つ。

線に強弱を付けることで同じKでもサインによって印象が全く異なります。

うまく崩すことができればひときわ特徴のあるサインに仕上がることもあるので、ここでしっかりと崩し方をマスターしましょう!

線の一部に丸みを出す

Kの線の一部に丸みを持たせてスタイリッシュさを演出します。

(Kimと書いています)

ここでは下側の線を丸くした例を紹介していますが、作成するサインの雰囲気に合わせてお好きな所に丸みを持たせてみて下さい。

スピード感を出す

Kの傾きを大きくし、全体的に曲線を多く用いることでスピード感を演出するKにします。

Kに続く文字も同じようにスピード感を持たせることでスタイリッシュさを最大限に表現できるサインとしてお使いいただけます。

交差する点を丸くする

線を折り返すポイントを丸く表現するとKを柔らかく作ることができます。

丸みを大きくするほどポップなKとして使うことができるため、作りたいサインの雰囲気に応じて使い分けてください。

大胆に寝かせてみる

サインは斜めに倒して書くとスタイリッシュに見えますが、思い切って寝かせるくらいまでKを斜めに倒してみてはどうでしょうか?

なかなか大胆なデザインになりました。

思い切って横線を最後まで伸ばしてみても面白いサインとして使えそうですね。

サインを作る時は発想を柔軟に考える必要があります。

横線を大胆に意識する

Kをスタイリッシュに見せるテクニックとして、横線をダイナミックに書いてみる方法があります。

サインでクールさを表現したい時に使えます。

名前の途中でKが出て来る場合でもインパクトを持った文字として存在感がありますね。

上記の例では「Aoki」という名前で大胆に横に突き抜けるKが存在感をあらわしています。

さらに詳しいテクニックはメルマガで!

ご署名ネットのメルマガでは、さらに詳しいテクニックの紹介や、サイン・署名の豆知識など、知って得する情報を不定期でお届けします。

ぜひご登録ください。





万が一うまく送信できない場合、大変お手数ですが「お問合せ」からご連絡いただきますようお願い致します。

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

その他のアルファベットはこちら。

スポンサーリンク