サインの作り方 イニシャルYの書き方

ここではアルファベットYを使ったサインの作り方、Yの崩し方をご紹介しています。

サインの書き方「Y」について

Yの大文字と小文字はとても似た形をしていますが、書き方を変えると見た目の印象が全く異なる仕上がりになる文字です。

日本語名においても多様されるYなので使う頻度も高めですね。

色々な書き方が可能なYなので、ここで紹介するテクニックをぜひ参考にしてみてください。

小文字を大文字のように書く

(Yamada(山田)と書いています)

小文字を大文字のように書くテクニックは私がよく使うやり方です。

Yは小文字にしても線の長さや丸みを取り入れると非常にキレイなサインに仕上がる特徴があります。

YとDの緩やかな曲線が特徴ですね。

Y以外で魅せる

Yの形は普通ですが、それ以外の残りの文字に特徴を持たせ、逆にYも目立つ構成にしました。

Aを三角だけで表現するという大胆なテクニックを取り入れていますが、一応Yamadaと読めますね。

あえて崩さずノーマルなデザインを使うのも、サインを考える上で大切なことです。

鋭いY

小文字のYを鋭いデザインにし、右側に大きく伸ばしたデザインを採用しました。

他の文字とかぶせることでスタイリッシュさを演出しています。

Yは書き始めの線を直線にするか、曲線にするかで印象が大きく変わりますね。

Yを大胆に特徴的に書く

サインの右上から左下に向かって書く独特な形のYを取り入れました。

実はこのY、私のサイン(Y. Moriya)でも使っているお気に入りのデザインです。

ここまでアレンジを加えることもできるYは、たくさんの可能性を秘めた文字ですね。

斜めに大きく倒す

一番最初に紹介した例に似ていますが、それよりも斜めに倒す角度がついたデザインです。

左下に伸びる線、右上に伸びる線、それぞれが対称となり、全体のバランスを取る役目を担っています。

サインの構成を考える時は、線の長さや丸の大きさなどでバランスを取るようにしましょう。

ポップなY

曲線を大胆に取り入れたサインに仕上げました。

こうすることでポップさを演出し、気軽に使えるサインになりましたね。

プロにお任せください

ここで紹介した崩し方は一例に過ぎません。ご署名ネットではこれまで培った経験とテクニックをいかし、圧倒的なクオリティであなたのオリジナルサインを作成します。

まずはプロの作品をご覧いただき、それからここで紹介したテクニックを駆使して自分好みのデザインに仕上げるのがおすすめの近道です。

詳しいテクニックは0円メルマガで!

ご署名ネットの0円メルマガでは、さらに詳しいテクニックの紹介やサイン・署名の豆知識など、知って得する情報を不定期でお届けします。

ぜひご登録ください。

0円メルマガに登録!

万が一うまく送信できない場合、大変お手数ですが「お問合せ」からご連絡いただきますようお願い致します。

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

守屋祐輔

守屋祐輔

サイン専門家・デザイナー

オリジナルサインを作成するサイン専門家。流れるような英字サインは多くのお客様に喜んでいただいています。サイン作成のレクチャー講演など承っています。個人で運営するサービスのため、きめ細やかな対応と素早いレスポンスが可能。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事