AbemaTV「声優と夜あそび」で花江夏樹さんのサインを作成しました ▶▶

済生会横浜市東部病院 患者支援センター長の谷口様のサインを作成しました

守屋祐輔

守屋祐輔

ご署名ネットの代表兼デザイナー兼サイン専門家。これまでに2,100人以上、13,500点以上のサインを作成し、TV、ラジオ、雑誌なども出演。個人・業界人問わず、プロスポーツ選手、東京2020メダリスト、声優、アイドルのサインなど幅広く手掛けています。

済生会横浜市東部病院 患者支援センター長として勤務される谷口英喜様のサインをご署名ネットで作成しました。

用途に合わせた4種類のサイン

すでにこれまでにサインをお使いだったところから、ぜひ本格的なサインをとのことでお申し込みいただきました。

ご出版に際して使われるサインのご希望をいただきましたので、ある程度広い紙面での使用を想定して作成しました。

たくさんサインを書かれることも考慮して書きやすさとデザインにこだわり、完成したサインがこちらの4種類です。

済生会横浜市東部病院 患者支援センター長谷口様のサイン

全体的に流れるような線を活かして作ったデザインです。

スタイリッシュな英字サイン、しなやかな漢字サイン、柔らかさの特徴を活かしたひらがなサイン、ロゴとしてもお使いいただけるサインに仕上がりました。

サインを見た時に印象に残るパーツがあるのはとても重要な要素です。

特に著書のような作品に対してサインを書く場合、印象に残るサインであればより作品の価値の向上に繋げることも可能です。

いのちを守る水分補給: 熱中症・脱水症はこうして防ぐ
2023年6月27日出版予定『いのちを守る水分補給: 熱中症・脱水症はこうして防ぐ:評言社』より

サインをHPに掲載したり缶バッジを作成されるなど計画されているとのことで、私も今から完成を楽しみにしています。

オリジナルグッズ作成にサインは最適

サインは缶バッジをはじめとしたオリジナルグッズの作成にとても向いています。

チーム内で共通のアイテムを揃えたり、販促、ブランディングにも効果的で、オリジナリティのあるものが出来上がるでしょう。

手書きサインのデータを使用することで温かみを感じられますし、思い出に残る品物になるのは間違いありません。

ご署名ネットで作成するサインは、完成後に著作権や意匠権もお渡ししておりますので、様々な用途にご自由にご利用いただけます。

ロゴやワンポイントのサインのお申し込み、お待ちしております。

谷口 英喜様について

谷口 英喜様
済生会横浜市東部病院患者支援センター長兼栄養部部長。東京医療保健大学大学院医療保健学研究科客員教授。日本麻酔学会指導医、日本集中治療医学会専門医、日本救急学会専門医、日本静脈経腸栄養学会認定医・指導医、日本外科代謝栄養学会・教育指導医。著書多数『すぐに役立つ 経口補水療法ハンドブック』、『イラストでやさしく解説!「脱水症」と「経口補水液」のすべてがわかる本』(日本医療企画)、『はじめてとりくむ水・電解質の管理 基礎編・応用編』。

守屋祐輔

守屋祐輔

ご署名ネットの代表兼デザイナー兼サイン専門家。これまでに2,100人以上、13,500点以上のサインを作成し、TV、ラジオ、雑誌なども出演。個人・業界人問わず、プロスポーツ選手、東京2020メダリスト、声優、アイドルのサインなど幅広く手掛けています。

カテゴリー:
関連記事



    ※ @〜.edu.jp、@hotmail は届きません *