プロ野球選手が書くサインにはいくつかコツが存在します。

ぜひ参考にしてみてください。

プロ野球選手のサインのコツ

ここで紹介するコツを意識すると誰でも簡単にそれっぽい雰囲気で書けますので、ぜひ参考にしてみてください。

※ ここで紹介している名前は全て仮名です ※

漢字をベースにする

野球選手のサイン

プロ野球選手は自分の名前を漢字で書いたサインをすることが多いイメーージがあります。

統計を取ったことがあるわけではないので正解は不明ですが、半数以上のプロ野球選手が漢字を使っていると思われます。

それっぽい雰囲気を出すためには漢字サインを基本に考えるといいですね。

縦書きにする、斜めにする

野球選手のサイン

サインは縦書きにしましょう。

横書きでサインする野球選手ももちろんいますが、今回のテクニックは雰囲気を重視していますので、縦書きにします。

少し形にアレンジを加えて文字を斜めにしても効果的です。

目をひく特徴を出す

野球選手のサイン

文字の一部を大げさに書いたり、色紙を特別に広く使うなどして見る人の目をひく特徴を表現するようにします。

わかりやすい例が横線を強調して書いてみること

サイン全体を包み込むような特徴を出すことでプロ野球選手のサインのような雰囲気を演出することができます。

読めない文字にする

野球選手のサイン

文字の判読性(=文字が読めるかどうか)は捨てましょう。

プロ野球選手のサインはなんと書いてあるか読めないことが多いです。

そのため自分のサインを作る時も読めない文字で大丈夫。

判読性よりも仕上がりのバランス感やデザイン性を優先させることをおすすめします。

素早いペンの動きを意識する

ペンをゆっくり動かすと線が曲がってしまったり弱々しい仕上がりになってしまいます。

できるだけ素早くペンを動かし、線に勢いを出すことを意識しましょう。

曲線を取り入れる

野球選手のサイン

漢字の名前で、しかもペンを素早く動かすとなると直線が多くなるイメージがありますが、そこにあえて曲線や柔らかい線を織り込んだサインにしてみましょう。

真っ直ぐで力強い線は男らしさや頼もしさを表現しますが、曲線はおしゃれで上品、知的な雰囲気につながります。

柔らかい線を取り入れたサインを使うプロ野球選手も多いですので、ぜひこの点も意識してみましょう。

背番号・日付・言葉を入れる

サインの最後に背番号を入れると野球選手のようなサインにグッと近づきます。

サインした日付や好きな言葉を入れてもいいですね。

野球選手のサインのコツ

ここで紹介したテクニックのうち、『漢字』『縦書き』『読めない』の3つの点を使うと比較的簡単に野球選手のようなかっこいいサインに仕上がりやすいです。

一度に全てを取り入れようとすると大変なので、少しずつ練習してみてください。

テクニック編

用途別編

アルファベット編

  • A  /  B  /  C  /  D  /  E  /  F  /  G  /  H  /  I  /  J  /  K  /  L  /  M  /  N  /  O  /  P  /  Q  /  R  /  S  /  T  /  U  /  V  /  W  /  X  /  Y  /  Z

Twitterでフォローしよう