ここではアルファベットZを使ったサインの作り方、Zの崩し方をご紹介しています。

スポンサーリンク

サインの書き方「Z」について

Zは崩し方が難しい文字の1つです。

似た文字でVやUがあり、形によってはこれらの文字と混同してしまう恐れもあるためです。

そのため、Zの特徴を残しつつ、書きやすいサインを作る必要があります。

書き始めを特徴的に書く

(Zentai(全体)と書いています)

Zの書き始め部分を大きく大胆に書くことにより、特徴的な文字に仕上げた例です。

見る人によってはNやTに見えなくもありませんが、これも似た文字の宿命でしょうか。

大胆な横線で表現する

Zの横線を強調したサインです。

このサインはZ、そしてZの左側にある縦線の組み合わせでEと読ませていて、ZEntaiと表現しています。

サインの途中の文字を敢えて大文字で書くテクニックを採用した例です。

Zで全体を包む

これも使う場面を間違えるとNやMに見えてしまう例ですが、Zの最後の線でサイン全体を包むデザインです。

お手軽にかっこいいサインを作りたい場合は、このように文字の線でサインを包むテクニックがとても有効的です。

Zで他の文字を構成する

何の変哲もないZに見えますが、Zの横線と最後のTが重なっていることがわかります。

ZとTを混ぜたデザインですね。

他の文字の一部を構成するテクニックも、サイン作成においてよく使う書き方です。

テクニックを組み合わせる

このサインは「サインの途中で大文字を使う」と「Zで他の文字を構成する」のテクニックのあわせ技で作成したサインです。

テクニックを重ねるのも有効的な方法なので、参考にしてみて下さい。

さらに詳しいテクニックはメルマガで!

ご署名ネットのメルマガでは、さらに詳しいテクニックの紹介や、サイン・署名の豆知識など、知って得する情報を不定期でお届けします。

ぜひご登録ください。





万が一うまく送信できない場合、大変お手数ですが「お問合せ」からご連絡いただきますようお願い致します。

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

その他のアルファベットはこちら。

スポンサーリンク