ここではアルファベットCを使ったサインの作り方、Cの崩し方をご紹介しています。

Cから始まる一般的な名前の書き方例も掲載していますので、ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

サインの書き方「C」について

アルファベットのCは大文字も小文字も形は同じで大きさが変わるだけというあまり特徴がないことが特徴の文字。

そのためサインを作る時に正直デザインのバリエーションが少ない文字ということもできます。

しかしそんなCだからこそ独自の形を用いることで他にはない唯一のサインとして使っていただくことも可能です。

Cの崩し方あれこれ

Cをサインの中で使うと前後の文字に合わせて柔軟に形を変えることができます。ここでは崩し方の一例をみていきましょう。

下の線を伸ばす

終線を伸ばして独特な形に仕上げてみるのはどうでしょうか。

線を伸ばす方向を変えることでアレンジを加えても面白いサインになりそうです。

縦に伸ばす

Cを大胆に目立たせるために縦に大きく書くと面白いデザインになりそうです。

極端に大きくしすぎてしまうとクレジットカードのサイン枠に収まらなくこともあるため、ある程度バランスを考えながら大きくすることをおすすめします。

装飾を加える

書き始め、書き終わりの部分をくるりと丸くすることでオシャレな文字に早変わりします。

先頭のCだけオシャレだとサイン全体の統一感がなくなることがあるため、サインの最後の文字も同じように一部を丸く仕上げるとバランスが取れますね。

デザイン感覚が要求される崩し方です。

丸みを取る

Cの特徴である丸みを取り除いて角を付けると独特なデザインになります。

一見するとCには見えないかもしれないので、判読性を求めるサインの場合だとあまりおすすめはできないかもしれません。

さらに詳しいテクニックはメルマガで!

ご署名ネットのメルマガでは、さらに詳しいテクニックの紹介や、サイン・署名の豆知識など、知って得する情報を不定期でお届けします。

ぜひご登録ください。





万が一うまく送信できない場合、大変お手数ですが「お問合せ」からご連絡いただきますようお願い致します。

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

その他のアルファベットはこちら。

スポンサーリンク