サインの作り方 イニシャルCの書き方

ここではアルファベットCを使ったサインの作り方、Cの崩し方をご紹介しています。

Cから始まる一般的な名前の書き方例も掲載していますので、ご参考になれば幸いです。

サインの書き方「C」について

アルファベットのCは大文字も小文字も形は同じで大きさが変わるだけというあまり特徴がないことが特徴の文字。

そのためサインを作る時に正直デザインのバリエーションが少ない文字ということもできます。

しかしそんなCだからこそ独自の形を用いることで他にはない唯一のサインとして使っていただくことも可能です。

Cの崩し方あれこれ

Cをサインの中で使うと前後の文字に合わせて柔軟に形を変えることができます。ここでは崩し方の一例をみていきましょう。

下の線を伸ばす

終線を伸ばして独特な形に仕上げてみるのはどうでしょうか。

線を伸ばす方向を変えることでアレンジを加えても面白いサインになりそうです。

縦に伸ばす

Cを大胆に目立たせるために縦に大きく書くと面白いデザインになりそうです。

極端に大きくしすぎてしまうとクレジットカードのサイン枠に収まらなくこともあるためある程度バランスを考えながら大きくすることをおすすめします。

装飾を加える

書き始め、書き終わりの部分をくるりと丸くすることでオシャレな文字に早変わりします。

先頭のCだけオシャレだとサイン全体の統一感がなくなることがあるため、サインの最後の文字も同じように一部を丸く仕上げるとバランスが取れますね。

デザイン感覚が要求される崩し方です。

丸みを取る

Cの特徴である丸みを取り除いて角を付けると独特なデザインになります。

一見するとCには見えないかもしれないので、判読性を求めるサインの場合だとあまりおすすめはできないかもしれません。

Cを使ったサインの書き方・作り方

ここではCを使ったサインの書き方・作り方を名前を使っていくつかご紹介します。

Chiaki ↓

Chuei ↓

Chen ↓


Chika ↓

Cebu ↓

City ↓

Cube ↓

ここでご紹介しているのはあくまでも一例にすぎません。

アルファベットの組み合わせやお客様ご要望の仕上がりの雰囲気によって書き方は無限通りにあり、例え同じ名前だとしても他人とかぶることはまずありません。

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

ただし、お値段が高いのが玉にキズではありますが・・・

ご署名ネットにお任せ!

ご署名ネットでは複雑なサインもスタイリッシュに作成致します。

ローマ字、漢字、ひらがな、カタカナ、芸能人ようなサインまであらゆるデザインに対応し、あなただけのオリジナルサインをご提案します。

その用途はクレジットカードの署名や書類へのサイン、ご自身の作品や書籍、サイン色紙などあらゆる場面でお使いいただけます。

特にローマ字サインにおいては定評があり、スタイリッシュなデザインと使い心地にたくさんのお客様からご好評をいただいております。

世界に1つだけのオリジナリティ溢れるサインとともに、スタイリッシュな生活を送ってみませんか。

サインのオーダー、ご質問等は総合サインプロデューサーの守屋までどうぞ。

オーダーはこちら

お問合わせはこちら