サインの作り方 イニシャルGの書き方

ここではアルファベットGを使ったサインの作り方、Gの崩し方をご紹介しています。

Gから始まる一般的な名前の書き方例も掲載していますので、ご参考になれば幸いです。

サインの書き方「G」について

GはアルファベットのCに一手間加えたような形をしています。サインを書く上でバランスが取りづらい文字ともいえます。

日本人の名前にも頻出するアルファベットのため、ここでしっかり崩し方の基本をマスターしましょう。

全体を細長くする

どっしり構えたGを細く斜めに書いてみると面白いサインの崩しとして使うことができます。

(Genkiと書いています)

これに従ってそれ以降の文字も全て斜めに揃えて統一感を演出してスッキリした雰囲気に仕上げましょう。

カギの部分を大きく書く

Gの特徴ともいえる2画目のカギの部分、ここを極端に大きく書いてバランスをあえて崩してみるのはいかがでしょうか。

ちょっと大きすぎるかも?と感じたらカギの部分をお好みのサイズまで調整してみてください。

Cの部分を大きく書く

先ほどのカギを大きく表現する崩し方があればCを大きくする方法もあります。

これもお好みの大きさに調整して使ってみて下さい。

一筆で書く

Gは人によって書き方に違いがあると思います。普段私は先にCを書いてからカギを付ける全2画でGを書きますが、これを一筆で書いてみてはどうでしょう。

さらに終点を後ろまで伸ばすとインパクトが出ますね。

ただし書き方によってはGがCに見えてしまうこともあるのでバランスが大事です。

文字を包み込むように書く

Gを斜めに大きく書き、後ろに続く文字を包み込むような崩し方もスタイリッシュに使えます。

文字の長さによっては無理に全部を包み込もうとするとGのバランスが崩れてしまうことがあるため、数文字にとどめておくとちょうどいい見た目になりそうです。

丸みを取り除く

文字の丸みを全て取り払いシャープな印象に仕上げてみるのはいかがでしょうか。

サインでトゲトゲした印象を表現したい時に使えるテクニックです。

Gを使ったサインの書き方・作り方

ここではGを使ったサインの書き方・作り方を名前を使っていくつかご紹介します。

Goto ↓

Gushiken ↓

Goda ↓

Gotanda ↓

Genya ↓

Goro ↓

Ginji ↓

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

ただし、お値段が高いのが玉にキズではありますが・・・

ご署名ネットにお任せ!

ご署名ネットでは複雑なサインもスタイリッシュに作成致します。

ローマ字、漢字、ひらがな、カタカナ、芸能人ようなサインまであらゆるデザインに対応し、あなただけのオリジナルサインをご提案します。

その用途はクレジットカードの署名や書類へのサイン、ご自身の作品や書籍、サイン色紙などあらゆる場面でお使いいただけます。

特にローマ字サインにおいては定評があり、スタイリッシュなデザインと使い心地にたくさんのお客様からご好評をいただいております。

世界に1つだけのオリジナリティ溢れるサインとともに、スタイリッシュな生活を送ってみませんか。

サインのオーダー、ご質問等は総合サインプロデューサーの守屋までどうぞ。

オーダーはこちら

お問合わせはこちら