ここではアルファベットGを使ったサインの作り方、Gの崩し方をご紹介しています。

Gから始まる一般的な名前の書き方例も掲載していますので、ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

サインの書き方「G」について

GはアルファベットのCに一手間加えたような形をしています。サインを書く上でバランスが取りづらい文字ともいえます。

日本人の名前にも頻出するアルファベットのため、ここでしっかり崩し方の基本をマスターしましょう。

全体を細長くする

どっしり構えたGを細く斜めに書いてみると面白いサインの崩しとして使うことができます。

(Genkiと書いています)

これに従ってそれ以降の文字も全て斜めに揃えて統一感を演出し、スッキリした雰囲気に仕上げましょう。

カギの部分を大きく書く

Gの特徴ともいえる2画目のカギの部分、ここを極端に大きく書いてバランスをあえて崩してみるのはいかがでしょうか。

ちょっと大きすぎるかも?と感じたらカギの部分をお好みのサイズまで調整してみてください。

Cの部分を大きく書く

先ほどのカギを大きく表現する崩し方があれば、Cを大きくする方法もあります。

これもお好みの大きさに調整して使ってみて下さい。

一筆で書く

Gは人によって書き方に違いがあると思います。普段私は先にCを書いてからカギを付ける全2画でGを書きますが、これを一筆で書いてみてはどうでしょう。

さらに終点を後ろまで伸ばすとインパクトが出ますね。

ただし書き方によってはGがCに見えてしまうこともあるのでバランスが大事です。

文字を包み込むように書く

Gを斜めに大きく書き、後ろに続く文字を包み込むような崩し方もスタイリッシュに使えます。

文字の長さによっては無理に全部を包み込もうとするとGのバランスが崩れてしまうことがあるため、数文字にとどめておくとちょうどいい見た目になりそうです。

丸みを取り除く

文字の丸みを全て取り払いシャープな印象に仕上げてみるのはいかがでしょうか。

サインでトゲトゲした印象を表現したい時に使えるテクニックです。

さらに詳しいテクニックはメルマガで!

ご署名ネットのメルマガでは、さらに詳しいテクニックの紹介や、サイン・署名の豆知識など、知って得する情報を不定期でお届けします。

ぜひご登録ください。





万が一うまく送信できない場合、大変お手数ですが「お問合せ」からご連絡いただきますようお願い致します。

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

その他のアルファベットはこちら。

スポンサーリンク