ここではアルファベットPを使ったサインの作り方、Pの崩し方をご紹介しています。

スポンサーリンク

サインの書き方「P」について

日本人の名前ではほとんど登場する文字でもないことから、あまり目にする頻度は高くない文字のP。

しかし世の中サインをお求めになる方は必ずしも本名というわけではありません。

芸名やペンネームでPを使う機会もゼロではないと思われますので、ぜひ参考にしてみてください。

アルファベットPは大文字も小文字も、どちらも似た形をしています。

それ故に崩し方も制限されてしまうのか?と思われがちですが、実はそんなことはありません。

色々な崩し方を取り入れてみましょう。

サイン全体を覆うようにする

(Pericanと書いています)

Pの右側の膨らみを大きく下記、サイン全体を傘のように覆うように崩してみるのはどうでしょうか。

初めにPを大きく書くことにより、サイン全体のバランスもあらかじめ決めることができるため、とても書きやすいサインに仕上がりやすいテクニックです。

尖ったPにする

Pの右側を大きく伸ばす点は最初の崩し方と同じですが、その形にこだわり、尖ったPにしてみるのはどうでしょうか。

尖ったサインと丸みを帯びたサインでは、仕上がりの状態が与える印象が全く異なります。

尖ると男性的・シャープ・スタイリッシュさを演出します。

丸みを帯びると女性的・やわらかさ・やさしさを演出します。

丸いPにする

アニメの文字のように、大胆にPを丸く書くテクニックです。

後に続く文字は同じように丸くしてもいいし、崩しを多めに取り入れてもいいです。

サインを見た時に1番目立つ文字(今回はP)が、サイン全体の印象を決めるといっても過言ではありません。

どんな印象のサインに仕上げたいか、先にそこが決まっているとサインは比較的作りやすいといえるでしょう。

Pを左側に伸ばす

Pを書く時、左側に少し長めに線をとることにより、異なる印象を与えるサインに仕上げることができます。

サインは一部を変えるだけで見た目の印象がガラリと変わります。

崩し方が難しい文字の場合、線を長くする、短くする、曲線を直線に変えるなど、ほんの少し手を加えるだけでも効果的です。

シンプルな崩し方

オーソドックスにPを大きめに書いただけのシンプルなサインですが、後半の崩しがうまく作用し、全体を見た時にスタイリッシュなサインに見えますね。

シンプルですが書きやすいという特徴もあり、練習しやすく、ご自身のサインとして習得しやすいメリットがあります。

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

ご署名ネットにお任せ!

ご署名ネットでは複雑なサインもスタイリッシュに作成致します。

ローマ字、漢字、ひらがな、カタカナ、芸能人ようなサインまであらゆるデザインに対応し、あなただけのオリジナルサインをご提案します。

その用途はクレジットカードの署名や書類へのサイン、ご自身の作品や書籍、サイン色紙などあらゆる場面でお使いいただけます。

特にローマ字サインにおいては定評があり、スタイリッシュなデザインと使い心地にたくさんのお客様からご好評をいただいております。

世界に1つだけのオリジナリティ溢れるサインとともに、スタイリッシュな生活を送ってみませんか。

サインのオーダー、ご質問等は総合サインプロデューサーの守屋までどうぞ。

オーダーはこちら

お問合わせはこちら

[siteorigin_widget class="Sydney_Portfolio"][/siteorigin_widget]

 




[siteorigin_widget class="WPCOM_Widget_Facebook_LikeBox"][/siteorigin_widget]
スポンサーリンク