ここではアルファベットSを使ったサインの作り方、Sの崩し方をご紹介しています。

スポンサーリンク

サインの書き方「S」について

曲線のみで構成されたS。

日本人の名前でも頻出するアルファベットですね。

Sはバランスがとても難しい文字ではありますが、サインを書く時はそれを逆手にとり、アンバランスさの中にある独自性を前面に出すことで、オリジナルサイン作りに活かすことができます。

具体例を見ていきましょう。

一本線のようなS

(Shigeoと書いています)

縦1本線に見えるSですが、実はよく見ると微妙にカーブを描いています。

曲線を出来る限り取り払ったSですが、このような使い方もできます。

しかしその場合、線は意識して長めに書くことをおすすめします。

あまりにも短い縦線にしてしまうと、他の文字と区別がつかなくなったり、他の文字の構成の一部に見えてしまうことがあるからです。

Sを大きく右側に伸ばす

Sの最初のカーブを大胆に右側に伸ばしたサインです。

Sとして読みづらいかもしれませんが、全体のバランスを考えた時には効果的な崩し方といえます。

この文字のように、はじめから長い線を書くサインの場合、仕上がりの全体像の大きさをあらかじめ決めることができます。

バランスを取りやすい構成なので、サイン初心者の方におすすめといえます。

Sを小さく右側に伸ばす

1つ前のサイン例に似ていますが、右側に伸ばす範囲が小さくなっていますね。

線の長さを一部変えるだけでもサインの印象は大きく異なってきます。

僕が作るサインは書きやすさとスタイリッシュさを重視して大胆な線を取り入れることが多めです。

作りたいサインのイメージに合わせて線の長さを決めましょう。

直線のみで表現する

すっきりしたシャープな印象を与えるため、Sだけでなく、他の文字も限りなく曲線を省き、直線で表現したサインです。

直線のみなのでとても書きやすいという特徴があり、スマートな雰囲気も漂わせます。

Sで全体を包み込む

Sを大胆に大きく書き、サイン全体を包み込むようなデザインにしてみました。

このSはバランスが取りづらく、最初のうちはキレイに書くのが難しいかもしれません。

Sを最初に書くか、それともigeoを先に書いてシメにSを書くか、書きやすい方を採用してください。

サインには決まった書き順は存在しません。

あなたが書きやすい方法で書けばいいんです。

さらに詳しいテクニックはメルマガで!

ご署名ネットのメルマガでは、さらに詳しいテクニックの紹介や、サイン・署名の豆知識など、知って得する情報を不定期でお届けします。

ぜひご登録ください。





万が一うまく送信できない場合、大変お手数ですが「お問合せ」からご連絡いただきますようお願い致します。

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

その他のアルファベットはこちら。

スポンサーリンク