ここではアルファベットVを使ったサインの作り方、Vの崩し方をご紹介しています。

スポンサーリンク

サインの書き方「V」について

サインでVを書く場合、

  • 大文字と小文字の形が同じ
  • Uに似ている

の2つの理由から、非常に書きづらく、区別しづらい文字といえます。

さらに、Vの文字が日本語名に出てくることはないため、日頃目にする機会は少ない文字ともいえます。

私がサインを作る時、もしVが出てくるのであれば積極的に崩しを取り入れるか、もしくは逆にVの形を強調して使うかのどちらかだと思います。

文字を斜めに配置する

(Voiceと書いています)

サインの枠を外れ、Voice(声)という意味から、Vをメガホンに見たて、oiceがメガホンから声として出ているイメージをサインにしました。

Vの特徴的な形を物体として表現したサインです。

丸みを持たせたV

Vはとげとげしいイメージのある文字ですが、そこに敢えて丸みを持たせ、柔らかい雰囲気を表現したサインです。

書き始めを丸くしていますが、逆に跳ねる箇所はシュッとしたスタイルを残したままにし、Vのイメージを大きく損なうこと無く表現しています。

oiceにも丸みをもたせることにより、柔らかさとスタイリッシュさを両立したサインとしてお使いいただけます。

Vを大きく書く

Vの一部を大きく右側に伸ばして書き、文字全体を覆うようなデザインに仕上げました。

バランスがよく、サイン全体として落ち着きがある仕上がりになりました。

さらに詳しいテクニックはメルマガで!

ご署名ネットのメルマガでは、さらに詳しいテクニックの紹介や、サイン・署名の豆知識など、知って得する情報を不定期でお届けします。

ぜひご登録ください。





万が一うまく送信できない場合、大変お手数ですが「お問合せ」からご連絡いただきますようお願い致します。

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

その他のアルファベットはこちら。

スポンサーリンク