アイドルのかわいいサインの書き方、作り方、テクニック

誰が見てもかわいいと思える、アイドルが書くようなサインの作り方をプロが解説します。

かわいいサインの例

まずはかわいいと思えるサインを並べてみましょう。

かわいいサインの例
名前はすべて仮名です

どうでしょうか、どれもアイドルが使っていそうなかわいいサインばかりですね。

こういうサインを作れるようなテクニックや考え方を学んでいきましょう。

かわいいサインにはコツがある

かわいいと言われるサインにはいくつかの共通点が存在します。

そのポイントを抑えておくと、多少形が崩れていてもかわいいと感じさせることができるのです。

ポイント1:曲線や波線を使う

かわいいサインの作り方
柔らかい線をこころがけてみよう

かわいいサインは柔らかい線を使うのが大原則で、線の使い方1つで見た目の印象は大きく左右されます。

直線は部分部分に織り交ぜる程度にします。

ポイント2:顔やマークを入れる

かわいいサインの作り方、書き方
漢字でもかわいく見せることができます

サインの一部に顔やハート、星、音符などを入れることによりかわいらしさを直接アピールします。

その人の特徴を表すものをデザインに織り交ぜるのもおすすめのテクニックです。

例えばツインテールがトレードマークならサインの両端にツインテールを入れるなどですね。

ポイント3:足しすぎない

かわいいサインの作り方、書き方
空白もデザインの一部

かわいさを求めるあまり、顔やマーク、トレードマークを折り込みすぎないことです。

サインの余白にあらわれるセンスもかわいいサインの特徴の1つで、足しすぎず逆に引いてみることも大切です。

ポイント4:角度を意識する

かわいいサインの書き方、作り方
紙面を自由に使いましょう

サインは直立である必要はありません。少し右上がりにしてみたり、文字全体が緩やかなカーブを描いてもいいんです。

他の人と異なる要素がサインをかわいく見せるのですね。

自分にしか書けないオリジナルを大切にしましょう。

ポイント5:太いペンを使う

細い鉛筆やボールペンで書くとサインが下手くそに見えてしまいます。

最低でも0.7ミリ以上のペンがおすすめです。理想はサインペンのような太さですね。

太いペンは書きやすさも向上するため、練習していても疲れにくいというメリットもあります。

ポイント6:マネする(参考にする)

ネットで画像検索をかけるとアイドルや芸能人のサインがたくさんヒットします。

自分と同じ名前や同じアルファベットを使っているサインのかわいいと感じるポイントを自分のサインに取り入れてみましょう。

完全に同じサインにすると盗作になりますが、要素を参考にするのは大丈夫です。

YouTubeでも紹介中

かわいいサインの作り方をYouTubeでも紹介しています。動きがあることで書き方がわかりやすくなっています。

ぜひチャンネル登録もお願いします。

万人に受けるかわいいサインはない

自分はかわいいと思ったサインでも、それが世の中全員に共感されるとは限りません。

美的感覚は人によって違いますし、全員からかわいいと思われるサインはこの世の中に存在しないのです。

少しでも多くの人に認められたい気持ちを尊重するならここで紹介したテクニックを使うと効果的ですが、それも100%の成果を保証するものではないのです。

『この人といえばこのサイン!』と世の中に認知されるまで使い続けること。これが実は重要だったりするのです。

書き方コンテンツ一覧

守屋祐輔

守屋祐輔

サイン専門家・デザイナー

オリジナルサインを作成するサイン専門家。流れるような英字サインは多くのお客様に喜んでいただいています。サイン作成のレクチャー講演など承っています。個人で運営するサービスのため、きめ細やかな対応と素早いレスポンスが可能。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事