ここではアルファベットNを使ったサインの作り方、Nの崩し方をご紹介しています。

Nから始まる一般的な名前の書き方例も掲載していますので、ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

サインの書き方「N」について

アルファベットNは大文字でも小文字でも崩しを取り入れやすい形をしています。

書き始めの線の長さやバランスを調整することによりエレガントにもポップにも姿を変えることができます。

右側から長めに書く

N(小文字)の書き始めをサイン全体の右側から左にかけて長く線をとる崩し方があります。

(Nineと書いてあります)

最初に全体の大きさを決めることができる書き方のため、バランスを取りやすいサインに仕上げることができます。

あえて小さく書いてみる

1文字目は大きく書くのが通例ですが、サインのデザインによってはあえてNを小さく表現するときれいに収まるケースもあります。

これは文字配列によっても印象が異なるため、Nの大きさを微調整してみてください。

全体を突き抜ける

Nの縦の長さを控え目にし、かつ右側の線を長く伸ばすことで全体を突き抜ける崩し方もキレイな仕上がりを期待できます。

このように見た目のインパクトを演出したい時におすすめの崩し方です。

丸めてエレガントさを出す

Nの書き始めを丸くしてエレガントさを演出してみましょう。

丸みを持たせるだけでなく、線の書き方によっても同じような効果を狙うことができます。

最終的にどのようなサインに仕上げたいのかをハッキリ決めたうえでデザインを作り上げましょう。

さらに詳しいテクニックはメルマガで!

ご署名ネットのメルマガでは、さらに詳しいテクニックの紹介や、サイン・署名の豆知識など、知って得する情報を不定期でお届けします。

ぜひご登録ください。





万が一うまく送信できない場合、大変お手数ですが「お問合せ」からご連絡いただきますようお願い致します。

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

その他のアルファベットはこちら。

スポンサーリンク