シンガーソングライター オがサワラ様のサインを作成しました

守屋祐輔

守屋祐輔

ご署名ネットの代表兼デザイナー兼サイン専門家。これまでに1,600人以上、11,000点以上のサインを作成し、TV、ラジオ、雑誌なども出演。個人・業界人問わず、Jリーグ選手、プロ野球選手、東京2020メダリスト、アイドルのサインなど幅広く手掛けています。


個人・業界人問わず多種多様なサイン作成を請け負い、東京2020メダリストのサインも手掛けた。TV、ラジオ、雑誌など幅広く出演。きめ細やかな対応と素早いレスポンスが可能。

ご署名ネットで、シンガーソングライター オがサワラ様のサインを作成しました。

力強さを感じさせるサイン

主に弾き語りスタイルのシンガーソングライターとして活躍されるオがサワラ様からは、ひらがなとカタカナをミックスした『オがサワラ』という字でサイン作成をご依頼いただきました。

全体的にインパクトと迫力があるデザインをご希望でしたので、『が』の字を大きく力強い印象にし、全体を包み込む形に仕上げました。

シンガーソングライターオがサワラ様サイン

『サワラ』を控えめなサイズにすることで、相対的に『が』のインパクトを強調する効果がありますね。

カクカクしたカタカナの中に柔らかな印象のひらがなを混ぜると、男性的な力強さの中に垣間見える優しさを表現することもできます。

また、ピースサインを入れて遊び心を感じさせるようにもなっています。

必要に合わせてピースサインを取り除いたり、別のイラストを入れることで異なる雰囲気のデザインとしてもお使いいただけます。

オがサワラ様から嬉しいコメントをいただきました。

今回ご署名ネットを利用させて頂きありがとうございました。最初の3パターンから始まり、多くの細かいニーズに答えて頂き誠に感謝しております。最終的に決まったサインを見た時、これからまた新たな自身のアーティスト人生が始まるんだと、身の引き締まる思いと同時に、弛まぬ努力を重ねていくことを決意致しました。

サインを書く時の勢いの大切さ

いざサインを書こうとすると、どうしてもゆっくり慎重にペンを動かしてしまいがちですが、サイン上達にはペンを動かすスピードの速さが欠かせません。

ゆっくり書く線はどうしても弱々しい印象になり、線がブレることが多いのです。

思い切って素早く書いてみると力強さが生まれ、自信あふれるデザインに仕上がりやすくなります。

サインがうまく書けない人はぜひお試しください。

オがサワラ様について

シンガーソングライター。2022年4月にシングル【AGAIN】でサブスクやYouTubeデビューを飾る。主に弾き語りスタイルで、得意のパワーボイスを駆使し、圧倒的なパフォーマンスを魅せる。44歳の超遅咲きアーティストとしても知られている。現在地元のライブハウス等で精力的に活動中。

オがサワラ様のInstagram
守屋祐輔

守屋祐輔

ご署名ネットの代表兼デザイナー兼サイン専門家。これまでに1,600人以上、11,000点以上のサインを作成し、TV、ラジオ、雑誌なども出演。個人・業界人問わず、Jリーグ選手、プロ野球選手、東京2020メダリスト、アイドルのサインなど幅広く手掛けています。


個人・業界人問わず多種多様なサイン作成を請け負い、東京2020メダリストのサインも手掛けた。TV、ラジオ、雑誌など幅広く出演。きめ細やかな対応と素早いレスポンスが可能。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



    ※ @〜.edu.jp、@hotmail は届きません *