ここではアルファベットFを使ったサインの作り方、Fの崩し方をご紹介しています。

Fから始まる一般的な名前の書き方例も掲載していますので、ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

サインの書き方「F」について

アルファベットFは横線2本の独特な形をしているのが特徴です。

サイン作成においてはかっこよく崩すことで全体のアクセントにもなる文字。

Fの書き方1つでサインそのものの印象が決まってしまうこともあります。

横線を長く伸ばす

Fの横線を長く伸ばして特徴を際立たせます。

(Fujiと書いています)

上下の2本とも長くしたり、どちらか片方だけ長くしてもどちらでもOKです。

仕上げたいサインの雰囲気を想像しながら長さを変えてみて下さい。

縦線を短くする

通常のスタイルであれば長く書く縦線をあえて短くするとおもしろいかもしれません。

アンバランスさを楽しむサインになりますね。

横線の位置をズラす

横線を書く位置を少し下側にズラして本来の形を崩すと独特なFのデザインになります。

サインの雰囲気に応じて横線の長さを変えるテクニックと組み合わせても味のある仕上がりになります。

形を無視する

独特なサインを作ろうとすると既成概念を取り払う必要があります。

F本来の形にこだわらずに形を崩してみましょう。

カタカナの「テ」や郵便マーク〒に見えるかもしれませんね。

筆記体を取り入れてみる

アルファベットはブロック体にこだわる必要はないので筆記体を取り入れてみてはどうでしょうか。

特にF小文字の筆記体はその後に続く文字との連結性が高いので崩しやすい文字といえます。

さらに詳しいテクニックはメルマガで!

ご署名ネットのメルマガでは、さらに詳しいテクニックの紹介や、サイン・署名の豆知識など、知って得する情報を不定期でお届けします。

ぜひご登録ください。





万が一うまく送信できない場合、大変お手数ですが「お問合せ」からご連絡いただきますようお願い致します。

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

その他のアルファベットはこちら。

スポンサーリンク