▶▶ 鬼滅の刃キャラのサインを創作

サインの作り方 イニシャルDの書き方

ここではアルファベットDを使ったサインの作り方、Dの崩し方をご紹介しています。

Dから始まる一般的な名前の書き方例も掲載していますので、ご参考になれば幸いです。

サインの書き方「D」について

一見すると簡単に書けそうなDですが、実はサインにするとバランス感覚を要求される文字の1つでもあります。

しかしサインの書き方には正解も不正解もありません。色々なデザインを試しながら納得のいくスタイルを見つけましょう。

Dの崩し方あれこれ

日本人の名前の場合、名字で比較的多く使われるイメージのあるD。

ここで紹介している書き方の例は一部でしかないため、自分なりに形をつくるなどして使いやすい形に仕上げてください。

縦線を短くする

Dの1画目の縦線を短く表現してみてはどうでしょうか。

チョンっと書くくらいに極端に短い線でも十分にDと読むことができますね。

2画目を大きく左にずらす

Dの2画目を左側にずらして書いてみると、意外とスタイリッシュにきまります。

このようなズラしはサイン作成において重要なテクニックの1つといえます。

Dを他の文字に重ねてみる

判読性は低下しますが、Dを他の文字と重ねてみると面白いデザインに仕上がることがあります。

大胆な仕上がりにしたい時に使える方法です。

Dをサインの中心に置いてみる

先ほど紹介した他の文字に重ねるテクニックの応用編です。Dをサイン全体の中心に置いてみましょう。

本来であればこんなど真ん中にDが来るのはおかしいことですが、サインの書き方に決まった様式はありません。

そもそもサインは自分自身が自筆で書くことが重要視されており、判読性があるかどうかは問題ではありません。

そのため思いっきりデザインに凝ったサインを考えるのも楽しみの1つといえます。

Dで全体を包み込む

さらに応用を利かせた書き方がこちら。

Dを極端に大きく書いて他の文字をDの中に収めてしまう書き方です。

他のサインではなかなか見られない独特な書き方です。バランスが難しくなりますが、使いこなせるようになると他の誰ともかぶらないオリジナリティ溢れるサインとしてお使いいただけます。

アーティスティックに仕上げる

D単体でアート作品になるようデザインに凝ってみると面白いですね。

線の一部をクルリと丸めるのはサインをオシャレに見せるテクニックです。

アートの知識がある人であればもっと複雑なデザインにしても面白いサインが出来上がりそうです。

プロにお任せください

ここで紹介した例は姓もしくは名だけの単体の崩し方にすぎません。

実際のサインは姓名が複雑に組み合わさったデザインが基本となりますので、そこはぜひご署名ネットにお任せ下さい。

ご署名ネットではこれまで培った経験とテクニックをいかし、圧倒的なクオリティであなたのオリジナルサインを作成します。

まずはプロの作品をご覧いただき、それからここで紹介したテクニックを駆使して自分好みのデザインに仕上げるのがおすすめの近道といえるでしょう。

詳しいテクニックは0円メルマガで!

ご署名ネットの0円メルマガでは、さらに詳しいテクニックの紹介やサイン・署名の豆知識など、知って得する情報を不定期でお届けします。

ぜひご登録ください。

0円メルマガに登録!

    万が一うまく送信できない場合、大変お手数ですが「お問合せ」からご連絡いただきますようお願い致します。

    他のプロも覗いてみてください

    こんなことをいうのもアレですが、サイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

    たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

    サインはアートの側面も持ち合わせています。作り手が違えばサインの仕上がりも異なりますし、私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

    私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

    ご署名ネット代表 兼 デザイナー
    守屋 祐輔

    サイン作成のお申し込みはこちら
    取材・メディア等お問い合わせはこちら
    ご意見・ご感想は下部コメント欄へどうぞ

    守屋祐輔

    守屋祐輔

    サイン専門家・デザイナー

    オリジナルサインを作成するサイン専門家。流れるような英字サインは多くのお客様に喜んでいただいています。サイン作成のレクチャー講演など承っています。個人で運営するサービスのため、きめ細やかな対応と素早いレスポンスが可能。

    FOLLOW

    カテゴリー:
    関連記事