サインの作り方 イニシャルDの書き方

ここではアルファベットDを使ったサインの作り方、Dの崩し方をご紹介しています。

Dから始まる一般的な名前の書き方例も掲載していますので、ご参考になれば幸いです。

サインの書き方「D」について

一見すると簡単に書けそうなDですが、実はサインにするとバランス感覚を要求される文字の1つでもあります。

しかしサインの書き方には正解も不正解もありません。色々なデザインを試しながら納得のいくスタイルを見つけましょう。

Dの崩し方あれこれ

日本人の名前の場合、名字で比較的多く使われるイメージのあるD。

ここで紹介している書き方の例は一部でしかないため、自分なりに形をつくるなどして使いやすい形に仕上げてください。

縦線を短くする

Dの1画目の縦線を短く表現してみてはどうでしょうか。

チョンっと書くくらいに極端に短い線でも十分にDと読むことができますね。

2画目を大きく左にずらす

Dの2画目を左側にずらして書いてみると意外とスタイリッシュにきまります。

このようなズラしはサイン作成において重要なテクニックの1つといえます。

Dを他の文字に重ねてみる

判読性は低下しますが、Dを他の文字と重ねてみると面白いデザインに仕上がることがあります。

大胆な仕上がりにしたい時に使える方法です。

Dをサインの中心に置いてみる

先ほど紹介した他の文字に重ねるテクニックの応用編です。Dをサイン全体の中心に置いてみましょう。

本来であればこんなど真ん中にDが来るのはおかしいことですが、サインの書き方に決まった様式はありません。

そもそもサインは自分自身が自筆で書くことが重要視されており、判読性があるかどうかは問題ではありません。

そのため思いっきりデザインに凝ったサインを考えるのも楽しみの1つといえます。

Dで全体を包み込む

さらに応用を利かせた書き方がこちら。

Dを極端に大きく書いて他の文字をDの中に収めてしまう書き方です。

他のサインではなかなか見られない独特な書き方です。バランスが難しくなりますが、使いこなせるようになると他の誰ともかぶらないオリジナリティ溢れるサインとしてお使いいただけます。

アーティスティックに仕上げる

D単体でアート作品になるようデザインに凝ってみると面白いですね。

線の一部をクルリと丸めるのはサインをオシャレに見せるテクニックです。

アートの知識がある人であればもっと複雑なデザインにしても面白いサインが出来上がりそうです。

Dを使ったサインの書き方・作り方

ここではDを使ったサインの書き方・作り方を名前を使っていくつかご紹介します。

Degawa ↓

Deguchi ↓

Domoto ↓

Doi ↓


Daisuke ↓

Daiki ↓

Dahlia ↓

Denise ↓

Dorothy ↓

外国人の名前が多めになりましたね。

ここでご紹介しているのはあくまでも一例にすぎません。

アルファベットの組み合わせやお客様ご要望の仕上がりの雰囲気によって書き方は無限通りにあり、例え同じ名前だとしても他人とかぶることはまずありません。

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

ただし、お値段が高いのが玉にキズではありますが・・・

ご署名ネットにお任せ!

ご署名ネットでは複雑なサインもスタイリッシュに作成致します。

ローマ字、漢字、ひらがな、カタカナ、芸能人ようなサインまであらゆるデザインに対応し、あなただけのオリジナルサインをご提案します。

その用途はクレジットカードの署名や書類へのサイン、ご自身の作品や書籍、サイン色紙などあらゆる場面でお使いいただけます。

特にローマ字サインにおいては定評があり、スタイリッシュなデザインと使い心地にたくさんのお客様からご好評をいただいております。

世界に1つだけのオリジナリティ溢れるサインとともに、スタイリッシュな生活を送ってみませんか。

サインのオーダー、ご質問等は総合サインプロデューサーの守屋までどうぞ。

オーダーはこちら

お問合わせはこちら