ここではアルファベットMを使ったサインの作り方、Mの崩し方をご紹介しています。

Mから始まる一般的な名前の書き方例も掲載していますので、ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

サインの書き方「M」について

アルファベットMは2つの山が大きな特徴です。

山の表現の仕方でサイン全体の雰囲気を大きく変えることができます。

Mは比較的崩しを取り入れやすい文字のため様々なアレンジが考えられます。

ここではその一例を見ていきましょう。

山の大きさをバラバラにする

2つの山の大きさに変化を加えてみましょう。

(Mintと書いてあります)

最初の山を大きく表現するほうがリズムとしては書きやすいですが、デザインによっては2つ目の山を敢えて大きく書くこともあります。

後ろから大きく持ってくる

Mの書き始めのサインの後方から開始します。

こうすることでMがサインの中心的存在になってインパクトを与えることができます。

また英語サインらしい横にズバッと突き抜けた線も表現することができ、スタイリッシュな仕上がりになります。

Mの一画目を短くする

Mの最初の縦線を短く書き、上から被せるように二画目を書きます。

Mのバランスが左寄りになりましたね。縦線の長さを調整することで見た目の雰囲気を変えることができます。

ハートで表現する

Mをハートで表現することもできます。

これは特に女性に喜ばれるアレンジです。

ハートの丸っこいイメージに合わせ、サイン全体も丸く表現すると可愛らしい雰囲気のサインに仕上げることができます。

トゲトゲしさを強調する

Mの2つの山を思いっきり尖らせることでシャープさを演出します。

スピード感を持ってサインを書きたい時、見た目からクールな雰囲気を漂わせたい時に使えるテクニックです。

さらに詳しいテクニックはメルマガで!

ご署名ネットのメルマガでは、さらに詳しいテクニックの紹介や、サイン・署名の豆知識など、知って得する情報を不定期でお届けします。

ぜひご登録ください。





万が一うまく送信できない場合、大変お手数ですが「お問合せ」からご連絡いただきますようお願い致します。

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

その他のアルファベットはこちら。

スポンサーリンク