テレビ東京 Dreamer 乙に出演。LIL LEAGUEさんのサインを作成しました。

守屋祐輔

守屋祐輔

ご署名ネットの代表兼デザイナー兼サイン専門家。これまでに1,600人以上、11,000点以上のサインを作成し、TV、ラジオ、雑誌なども出演。個人・業界人問わず、Jリーグ選手、プロ野球選手、東京2020メダリスト、アイドルのサインなど幅広く手掛けています。


個人・業界人問わず多種多様なサイン作成を請け負い、東京2020メダリストのサインも手掛けた。TV、ラジオ、雑誌など幅広く出演。きめ細やかな対応と素早いレスポンスが可能。

テレビ東京の人気番組『Dreamer 乙』で、LIL LEAGUEさん6名分の素敵なサインをご署名ネットが作成しました。

放送日は2022年8月15日(月) 24時30分~25時00分。TVerやParaviでも視聴可能です。

Dreamer 乙

テレビ東京『Dreamer 乙』は、EXILEや三代目 J SOUL BROTHERS等が所属しているLDHが開催中のオーディション『iCON Z』の応援番組です。

毎週日曜日に放送の『Dreamer Z』と連動した企画を行っています。

LIL LEAGUE(リルリーグ)

平均年齢15.2歳、ダンス・ボーカル・ラップをこなす6人組男性グループ。

男女総エントリー約4万8000人、LDH史上最大のオーディション『iCON Z 2022』にてグランプリを獲得した、今もっとも勢いのあるグループです。

今後に活かせる様々なことを学ぶ企画で、LIL LEAGUEさんのサインを作らせていただきました。

LIL LEAGUEさんのサイン

LIL LEAGUEの皆さんはオリジナルサインをすでにお持ちですが、それをどんな風にアレンジしたいかをヒアリングし、ご署名ネットがその場で即興で提案するという流れで番組は進行。

メンバー6人のサインを作った時のこだわりポイントを紹介します。

山田晃大やまだこうだいさんのサイン

LIL LEAGUEリルリーグ山田晃大サイン

山田晃大さんはもともと “Y Kou” というサインをお持ちでしたが、よりスタイリッシュな印象にしたいとのこと。

そこで、勢いと力強さを感じさせるKの横線の形を活かしてブラッシュアップさせたのが右側のデザインです。

書き方のポイントは、あまり高さを出さず、横長の形を意識することですね。

サインに正しい書き順はありませんので、Kの横線をサインの最後に書くようにすれば、力強い線で締める、いかにもサインらしい見た目になるでしょう。

岡尾真虎おかおまとらさんのサイン

LIL LEAGUEリルリーグ岡尾真虎サイン

岡尾真虎さんのサインはひらがながベースでした。

もともとのサインは虎の顔(輪郭)をイメージしてヒゲを描いていたようです。

シンボルマークともいえる『虎』を入れたサインに仕上げたいとのことで、右側のデザインで作ってみました。

力強い印象の『まとら』というひらがなをベースにし、右下には漢字の『虎』を組み合わせ、動きをつけました。

ひらがなと漢字を融合させた珍しいデザインですね。

『ま』の右に長く伸びる横線の最後を返すことで、『虎』の漢字を読みやすくする効果があります。

岩城星那いわきせなさんのサイン

LIL LEAGUEリルリーグ岩城星那サイン

岩城星那さんは非常にシンプルなサインが特徴的でした。パッと読めるデザインは避けたく、お花も好きなので花の要素も取り入れたいとのこと。

これはSの特徴的な形を花に見立て、全体のシンプルさを損なわない形で表現してみました(右側)。

目をひくのはなんといっても先頭のS。花びらを意識したデザインで、線の使い方も優雅で動きのあるきれいな印象を与えます。

一筆で書けるため速記性もあり、なかなか読みづらいといった特徴も兼ね備えています。

百田隼麻ももだはいまさんのサイン

LIL LEAGUEリルリーグ百田隼麻サイン

ハートが好きな百田隼麻さんは、ひらがなをベースにしたサインでした。

『は』をアレンジしてハートを作っているのが特徴的で、新しく作るデザインもハートは残したいとのこと。

そこで、ひらがなに動きをつけ、かつハートマークもおしゃれに表現したのが右側のデザインです。

実はこれとは別にもう少し書きやすいデザインもご用意したのですが、こちらを気に入っていただけました。

ポイントは全体的な柔らかさです。曲線やカーブを意識し、大きく大胆な線で表現するといいですね。

中村竜大なかむらたつひろさんのサイン

LIL LEAGUEリルリーグ中村竜大サイン

中村竜大さんは漢字を大きく崩したサインをお使いで、もとの形で既にかなり洗練されているといえるでしょう。

もう少し横長に、あまりカクカクせず、星は残したいというご希望に合わせて作成したのが右側のサインです。

『竜』の漢字を大きく横長にし、サイン全体で竜のような力強く空を舞うイメージに仕上げています。

星の位置もポイントで、右端に置くことで流れ星のようにも見え、漢字が持つ力強さとも相まって男性らしい迫力のある印象となりました。

難波碧空なんばそらさんのサイン

LIL LEAGUEリルリーグ難波碧空サイン

難波碧空さんもすでにスタイリッシュな印象のサインをお持ちでした。

これを、筆記体をベースにしてさらにスタイリッシュな印象に仕上げてみたいということでしたので、右側のデザインを作成しました。

先頭のSがとても特徴的な形をしています。さらに、最後のAを小文字表記にし、Sとわずかに重ねて表現することでハートマークにも見えるようにしています。

重心を左に寄せ、右側は余白で表現するちょっと大人な印象を与える形となりました。

サインの形は変わります

今回作成したデザインはあくまでも最初のベースとなるデザインです。

今後LIL LEAGUEの皆さんが実際にサインを使われる中で、書き方の癖やお好みに合わせてだんだん形が変わっていくと思われます。

司会・進行の小森隼さん(GENERATIONS)も、これまで4回ほどサインが変わったと番組内でおっしゃっていましたが、サインは1つの形に縛られるものではありません。

自由にアレンジし、状況に合わせて使い分けてもいいのです。

今回ご署名ネットで作成したサインも、今後長くLIL LEAGUEさんにお使いいただけると私もうれしいです。

即興でサインを作成します

ご署名ネットは基本的にお客様からオーダーをいただいてサインを作るスタイルですが、イベントなど即興でその場でサインを作ることも可能です。

色々とご要望に合ったデザインを作成しますので、お申込み・お問い合わせお待ちしております。

ご署名ネット代表 兼 デザイナー
守屋 祐輔

サイン作成のお申し込みはこちら
取材・メディア等お問い合わせはこちら
ご意見・ご感想は下部コメント欄へどうぞ

守屋祐輔

守屋祐輔

ご署名ネットの代表兼デザイナー兼サイン専門家。これまでに1,600人以上、11,000点以上のサインを作成し、TV、ラジオ、雑誌なども出演。個人・業界人問わず、Jリーグ選手、プロ野球選手、東京2020メダリスト、アイドルのサインなど幅広く手掛けています。


個人・業界人問わず多種多様なサイン作成を請け負い、東京2020メダリストのサインも手掛けた。TV、ラジオ、雑誌など幅広く出演。きめ細やかな対応と素早いレスポンスが可能。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



    ※ @〜.edu.jp、@hotmail は届きません *