サインの作り方 イニシャルOの書き方

ここではアルファベットOを使ったサインの作り方、Oの崩し方をご紹介しています。

Oから始まる一般的な名前の書き方例も掲載していますので、ご参考になれば幸いです。

サインの書き方「O」について

アルファベットOは大文字も小文字も同じ形をしているため、崩し方が非常に難しいアルファベットの1つです。

Oを上手に崩すためには丸い形にとらわれず、自由なアイディアを採用してユニークなOを描くことです。

発想の枠を広げてみるといいですね。

わざと大雑把に書いてみる

キレイな丸の形を取り払い、あえて最後の線をはみ出させるスタイルはいかがでしょうか?

(Okameと書いてあります)

下側に雑に突き出る線に見えますが、サインとして仕上がった時に意外とスタイリッシュに収まることもあります。

サイン全体を包み込む

Oでサインをグルリと囲んでみるのはどうでしょうか。

この場合のOは最初に書いても一番最後に書いてもどちらでも対応できます。

サインの締めにサラリと円を書く様子はとてもエレガントなサイン方法に見えますね。

尖って印象付ける

Oを円ではなく尖ったデザインで表現してみるのは枠を大きく外した方法の1つです。

一見するとOとは読めないかもしれないので、判読性を求めるサインの場合にはちょっとおすすめできないかもしれないですね。

しかしデザイン重視のサインの場合は活躍してくれそうなスタイルです。

敢えて小さく表現する

最初にくる文字だからといって大きく書く必要はありません。

敢えて小さいOにすることで、逆に存在感をアピールすることができます。

とにかく目立つようにする

いやいや、最初の文字なんだから大きくないと駄目だ!という人は振り切って大きく表現してみることをおすすめします。

とにかくインパクトのあるサインですね。でもこのデザインの場合は最初のOを大きくし、残りの文字を全て小さく抑えることである意味バランスが取れたデザインになっています。

静と動を組み合わせたサインですね。

線を伸ばしてみる

書き始めを極端に伸ばしてみてはどうでしょうか。

これも一見するとOとは判別し辛い形になってしまいますので、使う人を選ぶデザインといえるでしょう。

Oを使ったサインの書き方・作り方

ここではOを使ったサインの書き方・作り方を名前を使っていくつかご紹介します。

Okamoto ↓

Oshita ↓

Okuyasu ↓

Omae ↓

Oyama ↓

Otota ↓

Osamu ↓

Onoka ↓

Otohime ↓

ここでご紹介しているのはあくまでも一例にすぎません。

アルファベットの組み合わせやお客様ご要望の仕上がりの雰囲気によって書き方は無限通りにあり、例え同じ名前だとしても他人とかぶることはまずありません。

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

ただし、お値段が高いのが玉にキズではありますが・・・

ご署名ネットにお任せ!

ご署名ネットでは複雑なサインもスタイリッシュに作成致します。

ローマ字、漢字、ひらがな、カタカナ、芸能人ようなサインまであらゆるデザインに対応し、あなただけのオリジナルサインをご提案します。

その用途はクレジットカードの署名や書類へのサイン、ご自身の作品や書籍、サイン色紙などあらゆる場面でお使いいただけます。

特にローマ字サインにおいては定評があり、スタイリッシュなデザインと使い心地にたくさんのお客様からご好評をいただいております。

世界に1つだけのオリジナリティ溢れるサインとともに、スタイリッシュな生活を送ってみませんか。

サインのオーダー、ご質問等は総合サインプロデューサーの守屋までどうぞ。

オーダーはこちら

お問合わせはこちら