サインの作り方 イニシャルLの書き方

ここではアルファベットLを使ったサインの作り方、Lの崩し方をご紹介しています。

Lから始まる一般的な名前の書き方例も掲載していますので、ご参考になれば幸いです。

サインの書き方「L」について

Lは大文字、小文字ともに崩し方が難しいアルファベットの1つ。

単純な一本線のため崩し方のバリエーションが少ないと思われがちですが、単体でこだわりのデザインを取り入れたり前後の文字を巻き込んで一緒に崩す方法があります。

その一例をご紹介します。

Lのデザインに凝ってみる

L単体で崩す場合の例です。

(Lionと書いています)

崩しというよりデザインをスタイリッシュにするという方が正しいかもしれません。

画像のように丸みを取り入れると少し高貴なイメージを表現することができます。

Lのサイズを大きくする

先頭の文字は大きく書くことが一般的ですが、さらにインパクトを持たせて大きく書いてみてはどうでしょうか。

見た目のインパクトにこだわるサインにオススメです。

後ろの文字とミックスする

L単体では崩さず、後ろの文字と一緒に崩しを取り入れる高等テクニックです。

一見するとLには読みづらい崩し方かもしれませんが、全体のイメージを考えて画像のような奇抜なデザインが好まれる場合もあります。

線をハネさせる

Lの終点をレ点のようにハネさせて小さな崩しを取り入れてみましょう。

問題は一見するとLとは読み取りづらいことがありますが、サイン全体の雰囲気で考えてデザイン的におかしなところがなければ採用してもいい崩し方です。

補助線から大きくズラす

サイン崩しのテクニックの1つに補助線を無視するという方法がありますが、Lにもそれを適用してみましょう。

あまり大きくはみ出すとクレジットカードのサイン枠に収まりきらないことがあるため、大きさの制限を受けづらいサイン色紙や作品などへのサインで使うといいですね。

他の文字の横線と一緒にする

この崩し方はサイン色紙や作品などへのサインで使えるテクニックです。

例えば小文字のFとTはそれぞれ特徴的な横線がありますが、それらをLで賄ってしまおうという高等テクニックです。

ここでは仮に「Lefter」という単語でサインを作ったと仮定しましたが、画像のようにFとTの横線をLで表現しています。

クレジットカードのサイン枠のように限られたスペースでこれをやってしまうと単純な横線にしか見えず、Lがないように勘違いされる可能性があります。

そのため枠に囚われないサイン色紙や作品へのサインの時に使える技です。

Lを使ったサインの書き方・作り方

ここではLを使ったサインの書き方・作り方を名前を使っていくつかご紹介します。

Leon ↓

Leonardo ↓

Libero ↓

Light ↓

Liz ↓

Lucy ↓

Lola ↓

Lydia ↓

Lyn ↓

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

ただし、お値段が高いのが玉にキズではありますが・・・

ご署名ネットにお任せ!

ご署名ネットでは複雑なサインもスタイリッシュに作成致します。

ローマ字、漢字、ひらがな、カタカナ、芸能人ようなサインまであらゆるデザインに対応し、あなただけのオリジナルサインをご提案します。

その用途はクレジットカードの署名や書類へのサイン、ご自身の作品や書籍、サイン色紙などあらゆる場面でお使いいただけます。

特にローマ字サインにおいては定評があり、スタイリッシュなデザインと使い心地にたくさんのお客様からご好評をいただいております。

世界に1つだけのオリジナリティ溢れるサインとともに、スタイリッシュな生活を送ってみませんか。

サインのオーダー、ご質問等は総合サインプロデューサーの守屋までどうぞ。

オーダーはこちら

お問合わせはこちら