ここではアルファベットIを使ったサインの作り方、Iの崩し方をご紹介しています。

Iから始まる一般的な名前の書き方例も掲載していますので、ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

サインの書き方「I」について

Iは単純な縦1本線だと思われがちですが、サインを作る上では色々なアレンジが考えられる文字です。

シンプルな作りだからこそ目立つデザインが映えてきます。

終わりを丸める

簡単な書き方はIの終わりの線を丸めてみることです。

(Inkと書いています)

シンプルなデザインですが次の文字に繋げやすいオススメの崩し方です。

下まで線を伸ばす

Iの線を大きく下まで伸ばして敢えてアンバランスさを演出します。

大きく目立たせることでサイン全体の雰囲気を決める重要な役割をすることもあります。

構成を考えて線の長さを変えることで様々なスタイルに派生させることもできます。

下から包み込む

降ろした線をそのまま右まで引っ張りサイン全体を下から包み込むようなデザインはいかがでしょうか。

他の文字と重なりますが、全体の判読性を損なうものではありません。

むしろ特徴的なスタイリッシュなサインになるでしょう。

横線を伸ばす

Iの大文字はよく見ると短い横線2本が上下にあります。

これを目立つように横に伸ばしてみるのはどうでしょうか。

一見するとIには見えづらいかもしれませんが、これは判読性よりもデザイン性を優先させる場合に使えるテクニックといえます。

ミミズ文字の中で表現する

Iの小文字はサイン文字の中では崩すことが多い文字の1つ。

キレイに崩すためのテクニックとして波打った線を書き、その上に点(小文字 i の点)を打つことで i が存在していることを表現します。

特に崩し文字が連続する場合は効果的に点を打つことで画数を減らし、かつデザイン性も維持できる効果的な方法です。

敢えて目立たせる

崩しの対象になりやすいIの小文字を敢えて目立たせるテクニック。

書き始めを丸めるなど特徴を加えるとスタイリッシュな文字になりますね。

さらに詳しいテクニックはメルマガで!

ご署名ネットのメルマガでは、さらに詳しいテクニックの紹介や、サイン・署名の豆知識など、知って得する情報を不定期でお届けします。

ぜひご登録ください。





万が一うまく送信できない場合、大変お手数ですが「お問合せ」からご連絡いただきますようお願い致します。

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

その他のアルファベットはこちら。

スポンサーリンク