サインの作り方 イニシャルHの書き方

守屋祐輔

守屋祐輔

ご署名ネットの代表兼デザイナー兼サイン専門家。個人・業界人問わず多種多様なサイン作成を請け負い、東京2020メダリストのサインも手掛けた。TV、ラジオ、雑誌など幅広く出演。きめ細やかな対応と素早いレスポンスが可能。

FOLLOW

ここではアルファベットHを使ったサインの作り方、Hの崩し方をご紹介しています。

Hから始まる一般的な名前の書き方例も掲載していますので、ご参考になれば幸いです。

サインの書き方「H」について

Hはサイン作成においてスタイリッシュな文字を作りやすいアルファベットの1つです。

縦線、横線ともにアレンジを加えやすく、サイン全体の印象を決定づける重要な役割を担う文字ですね。

自由なデザインが可能なサインの特性を活かし、名前の途中にHが登場する場合でも崩しを入れることもあります。

そんなHの崩し方をご紹介してきます。

片方の縦線をおしゃれにする

Hは縦線のどちらかにアクセントを加えるだけでおしゃれに見える文字です。下の例は左の縦線を丸めてみました。

Hiroshi

右側の線を丸めるのもありです。

Hiroshi

少し丸みを持たせるように書くとエレガントさを演出できますね。

Hの横線を伸ばす

これは比較的かんたんな崩し方です。Hの横線を長く伸ばしてみましょう。

Hiroshi

真横に突き抜ける印象的な仕上がりになりますね。

伸ばす方向を逆にしても面白いデザインになります。

Hiroshi

作りたいサインの雰囲気に合わせて使い分けてみて下さい。

H(大文字)を途中で使ってみる

もともと存在感のあるH(大文字)を、あえて名前の途中で使ってみても面白い組み合わせになります。

Yohei

判読性は低下してしまいますが、見た目をひくデザインに仕上がっているのではないでしょうか。

h(小文字)が主役のように強調する

名前の途中に出るh(小文字)をまるで全体の主役のように強調して書くと、また変わった雰囲気のサインとしても使えます。

Yohei

線を丸くふくらませて小文字のhがそこにあると思わせることができます。

(小文字)書き始めを膨らませる

デザインを目立たせたい場合やアクセントを加えたい時は、先頭をhの小文字から書き始め、大きく丸く書くと面白い形になります。

hiroshi

存在感のあるスタイルですね。

Hの横線を軸にする

横に長く伸ばすHの線を軸に、残りの文字を書くテクニックです。

Hitomi

見た目のインパクトもありますし、線に沿って文字を並べることができるため、バランスを取りやすい初心者向けの書き方と言えるでしょう。

テクニックの応用をしましょう

ここでお伝えしたテクニックは単なる序章にすぎません。サインらしく仕上げるためには構成の基本を学んだり、文字同士の繋がりを考える必要があります。

まずは『【初心者向け】サインの崩し方の基礎・基本』に目を通してみましょう。

その先でも具体的なサインの作り方(かっこいいサイン、かわいいサイン、漢字サイン、筆記体風サインなど)を無料で紹介していますので、作りたいサインの雰囲気に合わせてぜひご活用ください。

プロにお任せください

どうしても思うようにサインが出来ない場合は、ぜひご署名ネットに作成をお任せください。

ご署名ネットではこれまで培った経験とテクニックをいかし、圧倒的なクオリティであなたのオリジナルサインを作成します。

サインは意外と多くの人の目に触れるあなたの分身です。不格好なサインを使い続けていては、ひょっとすると無駄にあなたの評価を落とす原因になっているかもしれませんよ。

詳しいテクニックは0円メルマガで!

ご署名ネットの0円メルマガでは、さらに詳しいテクニックの紹介やサイン・署名の豆知識など、知って得する情報を不定期でお届けします。

ぜひご登録ください。

0円メルマガに登録!

    万が一うまく送信できない場合、大変お手数ですが「お問合せ」からご連絡いただきますようお願い致します。

    ご署名ネット代表 兼 デザイナー
    守屋 祐輔

    サイン作成のお申し込みはこちら
    取材・メディア等お問い合わせはこちら
    ご意見・ご感想は下部コメント欄へどうぞ

    守屋祐輔

    守屋祐輔

    ご署名ネットの代表兼デザイナー兼サイン専門家。個人・業界人問わず多種多様なサイン作成を請け負い、東京2020メダリストのサインも手掛けた。TV、ラジオ、雑誌など幅広く出演。きめ細やかな対応と素早いレスポンスが可能。

    FOLLOW

    カテゴリー:
    関連記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。