サインの作り方 イニシャルTの書き方

ここではアルファベットTを使ったサインの作り方、Tの崩し方をご紹介しています。

サインの書き方「T」について

大文字も小文字も形が似た「T」は、サインに組み込む時に崩し方のバリエーションが広がりづらい文字の1つです。

大切なことは「既成概念に囚われないこと」です。

大胆に崩しを取り入れ、最も書きやすく、見た目もかっこいいTを作りましょう。

Tの横線を伸ばす

(Tomatoと書いています)

取り入れやすい崩し方として、横線を長く伸ばす方法があります。

大文字、小文字のどちらにも使えることができるテクニックですね。

特にTomatoのように、1つのサインの中にTが2回登場する場合、片方のTの横線を長くし、もう片方のTの横線は逆に短く書くことにより、大文字と小文字を明確に区別することもできます。

Tの横線を伸ばす(2)

Tの横線を伸ばすだけなら1つめのテクニックと同じですが、今回は敢えて2つ目のTの横線を大胆に伸ばしてみました。

どこの箇所をどれだけ伸ばすかによっても、サインの見た目が与える印象は大きく変わってきます。

既成概念にとらわれることなく、色々な線を伸ばしてみましょう。

Tのバランスを変えてみる

同じTではあるものの、あえて片方のバランスを変えてみてはどうでしょうか。

上の例では2文字目のTの右側を長く伸ばす例にしてみました。

書き順でいうと最後に来る横線を長く伸ばすことになり、実際に書いてみると、最後の線を長くするというのは非常に書きやすい文字構成でもあるのです。

書きやすさまで考慮した崩し方の一例です。

似た文字を重ねる

Tomatoは鏡文字のように似た文字が並ぶ構成をしていますね。

そこをうまく利用し、2つのT、そしてomaoを敢えて1つのデザインで書き、非常にシンプルながらもインパクトのある構成にしてみました。

Tの横線を書き忘れてない?と感じるかもしれませんが、フックのように曲がった文字が横線を表現しています。

作りたいサインの文字構成次第では、こんな風に特徴的なサインに仕上げることも可能です。

横線1本で済ませる

Tが2つ以上入るサインの場合、横線を1本につなぐテクニックを使うことができますね。

見た目の印象がスタイリッシュになるだけでなく、無駄な線を省くことにも繋がり、書きやすさが向上します。

横線を繋げるテクニックはサイン作成においてとても重要なことです。

文字全体を長め、横線で繋げることができるかどうか、最初に見極めが必要です。

丸みを帯びたポップなT

丸みを持たせたTを書くことにより、サイン全体をポップな印象に仕上げてみました。

ここで使ったテクニックは「似た文字を重ねる」と「横線1本で済ませる」の合わせ技です。

左右対称にも見え、さらに横線も1本でつながっているため、とても印象的なサインです。

他のプロも覗いてみてください

実はサイン作成サービスはご署名ネットだけではありません。

たとえばこちらの「署名ドットコム」さんは長年の実績と評判のあるサイン作成サービスとして知られていて、非常に味のあるサインをデザインしてくれます。

サインはアートです。作り手が違えばサインの仕上がりも異なります。

私のデザインを気に入って使っていただける方もいれば、署名ドットコムさんのようなスタイルが好みという方もいらっしゃいます。

私としてはサインが普及してくれることが何よりの喜びのため、ぜひみなさんには署名ドットコムさんで少しでも多くのデザインを見ていただければと思っています。

ご署名ネットにお任せ!

ご署名ネットでは複雑なサインもスタイリッシュに作成致します。

ローマ字、漢字、ひらがな、カタカナ、芸能人ようなサインまであらゆるデザインに対応し、あなただけのオリジナルサインをご提案します。

その用途はクレジットカードの署名や書類へのサイン、ご自身の作品や書籍、サイン色紙などあらゆる場面でお使いいただけます。

特にローマ字サインにおいては定評があり、スタイリッシュなデザインと使い心地にたくさんのお客様からご好評をいただいております。

世界に1つだけのオリジナリティ溢れるサインとともに、スタイリッシュな生活を送ってみませんか。

サインのオーダー、ご質問等は総合サインプロデューサーの守屋までどうぞ。

オーダーはこちら

お問合わせはこちら