AbemaTV「声優と夜あそび」で花江夏樹さんのサインを作成しました ▶▶

おしゃれで個性的なサインの作り方を、サインデザインのプロが教えます

守屋祐輔

守屋祐輔

ご署名ネットの代表兼デザイナー兼サイン専門家。これまでに2,100人以上、13,500点以上のサインを作成し、TV、ラジオ、雑誌なども出演。個人・業界人問わず、プロスポーツ選手、東京2020メダリスト、声優、アイドルのサインなど幅広く手掛けています。

どうせ作るならおしゃれなサインが欲しい!

そういう人のため、ご署名ネットがおしゃれサインの作り方をお教えします。

なお、おしゃれなサインを作る前に、サイン作りの基礎基本を身につけておくと、非常にスムースになりますので、先にこちらの記事がおすすめです。

サインの作り方:初心者から上級者まで、プロが教えるデザインとテクニック

おしゃれなサインとは何か

ここでいう『おしゃれなサイン』ですが、おしゃれというのは人によって受け取る感覚が異なるため、明確な定義は難しいものです。

しかし最低限の要素として、おしゃれなサインは個性的で多様性にあふれ、個人の好みや個性に密接に関連している必要があると思っています。

つまり、正解の形は決して1つではありません。

人によって好みや趣向が異なりますので、様々なおしゃれなサインが存在して良いということです。

万人が共通して『おしゃれ』と感じるデザインは存在しません。人によって受け取り方に差があるからです。

おしゃれなサインの作り方

では実践編に移りましょう。

デザインに個性を取り入れながら試行錯誤していきましょう。

アルファベットに個性を加える

おしゃれで個性的なサインの作り方

アルファベットを書く際に、何の変哲のない字体にするのではなく、線を柔らかくしたり横に伸ばしたり、個性を出して書いてみるとおしゃれなサインになります。

上の例は先頭のHを大きく大胆に崩した一例です。

左側の鋭い印象のHもいいのですが、動きを出して全体を包み込む崩し方を取り入れてみました。

アルファベットは様々な崩し方が存在しますので、少し雰囲気を変えるだけで生み出す印象は無限大ですね。

字体をミックスする

おしゃれで個性的なサインの作り方

サインはアルファベットや漢字だけの専売特許ではありません。

字体をミックスさせることで、よりおしゃれなサインを作ってみましょう。

これは強烈に個性をアピールできるだけでなく、唯一無二のオリジナルサインになるでしょう。

サインはフルネームであろうが省略ネームであろうが制約は無く、この人が書いたもの(自筆したもの)ということが重要視されます。

繰り返し同じ形のサインが書けることは絶対条件ですので、字体をミックスしたら繰り返し練習してみましょう。

控えめなワンポイントを入れる

おしゃれで個性的なサインの作り方

サインのどこかに控えめなワンポイントを入れるとおしゃれな仕上がりになります。

上の例では『司』の最後の線を横に鋭く引き、印象的な仕上がりにしています。

マークや記号、イラストを入れてワンポイントとしてもいいのですが、ビジネス用途で考えるとそれらは相応しくありません。

サンプルのようなワンポイントの入れ方は、ビジネスで使っても違和感がないどころか、その人を印象づける効果も期待できますね。

サインの字の一部に手を加えて個性をアピールしてみましょう。

枠をはみ出して作る

おしゃれで個性的なサインの作り方

設けられたサイン枠を大きくはみだしてサインを書くと、とてもおしゃれに見えます。

日本人はその性格上、線が引かれているとそれに沿って、はみ出さないように書いてしまう人が多くいます。

世界に目を向けると、枠などお構いなしに縦横無尽にサインする人が非常にたくさんいることに驚かされます。

サイン文化のない日本からするとビックリすることかもしれませんが、サイン文化の国ではそれが当たり前なのです。

線が引かれていたら、大きくはみだして大胆に書いてみましょう。

枠を破ることで、ひょっとすると新しいサインのデザインが見えてくるかもしれませんね。

同じ形を繰り返しつかう

おしゃれで個性的なサインの作り方

個性的でおしゃれなサインは、同じ形を繰り返し使ってみましょう。

画像の例では無理やり丸みを帯びた柔らかい線で全体を構成してみました。

パッと見て、優しくて柔和な印象を抱くのではないでしょうか。

左側のサインにはない、おしゃれで個性的なデザインになりましたね。

繰り返し同じ形でデザインすると、人は自然にその印象が脳裏に刻み込まれます。

これによってサインする人の印象を決定付けたり、記憶に残るようになるのです。

文字サイズにメリハリを出す

おしゃれで個性的なサインの作り方

サインの字のサイズにメリハリを出すと、おしゃれな雰囲気になります。

上の例では『相原』を控えめに、『隆二』を大きく大胆にし、サイズをバラバラにしました。

もちろん左側の落ち着いた印象が好みの人もいますが、この記事のテーマに沿っておしゃれ・個性を引き出すには?という観点で作っています。

サインする目的に合わせてスタイルを使い分けてもいいでしょう。

職業の特徴を入れる

おしゃれで個性的なサインの作り方

ご自身の職業や技能を意味する表現をサインに入れてみるのはいかがでしょうか。

画像の例は、小野田さん(仮名)が音楽に携わる人だとしたら、のテーマで作ったサインです。

『花』の字を♫で表現していますので、なにか音楽に関連した人なのだろうという印象を受け取りますね。

元のサインでも十分個性的かもしれませんが、もう一捻り欲しい時に使えるテクニックです。

これまで紹介したテクニックは、わかりやすく既存のサインにアレンジを加えておしゃれな個性的なデザインに仕上げる方法でした。

もちろん、イチからおしゃれなサインを作ることもできますので、ぜひチャレンジしてみてください。

このあたりはテクニックを要するパートですので、作成の経験豊かなご署名ネットにお任せいただければ、必ずや満足いただけるサインをお作りいたします。

様々な要素と組み合わせておしゃれなサインを作る

サイン作りには、他にも様々なテクニックが存在します。

一言でおしゃれサインといっても、よりシンプルなものや、縦書きバージョンなど、用途に合わせてテクニックを組み合わせて作成します。

ここでは要となる他の要素をご紹介しますので、理想とする組み合わせテクニックをぜひ見つけてください。

『おしゃれ・個性的』✕『スタリッシュ・クール』

この組み合わせは、ご署名ネットが作成するサインの中でも非常に人気の高いデザインです。

おしゃれで個性的なサインの作り方
『おしゃれ・個性的』✕『スタリッシュ・クール』

おしゃれとスタイリッシュの組み合わせは相性が良く、サインの持ち味を存分に引き出してくれるでしょう。

文字は大胆に崩しながら、勢いのある線で構成するのがポイントです。

文字を大きく強調したり、本来の字にはない動きを取り入れて作ってみるといいですね。

洗練されたスタイリッシュでクールなサインの作り方をプロが解説します

『おしゃれ・個性的』✕『シンプル』

シンプルながら個性的という、非常に魅力的なデザインを追求することができますね。

おしゃれで個性的なサインの作り方
『おしゃれ・個性的』✕『シンプル』

シンプルなサインは全体の線の動きが控えめになります。

そこを逆手に取り、個性的な線を取り入れればおしゃれな仕上がりになるでしょう。

シンプルデザインは、あまり線を傾けすぎない特徴を意識すると、上手に作れるかもしれません。

エレガントなシンプルさ:プロによる印象的なサイン作成の秘訣

『おしゃれ・個性的』✕『かわいい』

かわいさと組み合わせると、数あるかわいいサインの中でも、存在感のあるデザインに仕上がるでしょう。

おしゃれで個性的なサインの作り方
『おしゃれ・個性的』✕『かわいい』

文字の線に大きな動きを出し、個性的な仕上がりにしました。

かわいいサインの特徴である『マーク』や『曲線』と上手に組み合わせることで、おしゃれさも出しています。

マークを置く位置ひとつで印象が大きく変わりますので、様々な組み合わせで作ってみてください。

アイドルみたいなかわいいサインの書き方、作り方【完全ガイド】

『おしゃれ・個性的』✕『縦書き』

ただでさえ目立つ縦書きのサインが一層際立つ存在になることでしょう。

おしゃれで個性的なサインの作り方
『おしゃれ・個性的』✕『縦書き』

上のサンプルは、ひらがなが持つ柔らかい線をつなげ、読めるギリギリまで崩しておしゃれな印象を出しました。

あとはお好みでワンポイントを付け足すなどして、オリジナリティを追求すると良さそうです。

字の持ち味を引き出して作るといいですね。

縦書きサインの作り方、書き方、活用方法をプロが徹底解説します

『おしゃれ・個性的』✕『イニシャルサイン』

文字数が少ないイニシャルサインを作る上で、個性的なスタイルはとても重要な役割があります。

おしゃれで個性的なサインの作り方
『おしゃれ・個性的』✕『イニシャルサイン』

文字数が極端に制限されるイニシャルサインは、アルファベットの崩し方がポイントです。

おしゃれで個性的なイニシャルサインは、見た目の印象だけでなく、実用性も求められる上級デザインといえます。

文字が少ないとサインを作りやすいと思われがちですが、限られた要素の中で様々な効果をもたせる必要があるため、実はその逆なんですね。

一歩先を行くイニシャルサイン:専門家が教える独創的な作り方

『おしゃれ・個性的』✕『漢字』

漢字の崩し方に特徴を出したり、サイズを変えて差別化を図るやり方が簡単でおすすめです。

おしゃれで個性的なサインの作り方
『おしゃれ・個性的』✕『漢字』

漢字は崩し方が難しく、知識と経験が求められます。

おすすめは、字単体ではなく全体で雰囲気を作ること。

上の画像では、字を崩しながら三角形の印象で個性とおしゃれな雰囲気を演出したもの。

色々な組み合わせが考える必要がありますね。

漢字サインの作り方:プロが明かす、芸術的スタイルと独自性を際立たせるデザインの極意

『おしゃれ・個性的』✕『ひらがな』

ひらがなを使うと、他の字にはない独特な雰囲気を表現できますよ。

おしゃれで個性的なサインの作り方
『おしゃれ・個性的』✕『ひらがな』

似た形を連続させたり独特な動きをつけるなどし、他のデザインと差別化を図ります。

ひらがなは他の字よりもアレンジしやすい特徴がありますので、よりおしゃれに、より個性的なデザインが出来上がることでしょう。

ひらがなのサインの作り方をプロが紹介します

『おしゃれ・個性的』✕『カタカナ』

おしゃれで個性的なサインの作り方
『おしゃれ・個性的』✕『カタカナ』

カタカナの形をうまく活かし、個性的な要素を加えます。

上の例は『ヒ』の字を蝶に見立てて作った例です。

仕上げたいサインの印象と文字の形を比べてデザインしてみましょう。

カタカナのサインの作り方を、サイン作りのプロが紹介します

『おしゃれ・個性的』✕『英語』

アルファベットの崩し方が肝です。

おしゃれで個性的なサインの作り方
『おしゃれ・個性的』✕『英語』

サインを見たとき、パッと興味が引かれる仕上がりにすることが大切です。

他の字にはない特徴を持たせたり、大胆なほどに崩して差別化を図るようにします。

アルファベット1つを見ても崩しのパターンは様々ありますが、複数の字で考える崩しパターンは無数に存在しますので、理想のデザインに仕上げるには経験が必要になります。

プロが教える英語サインの作り方:筆記体を含む様々なテクニック紹介

『おしゃれ・個性的』✕『カリグラフィー』

英語サインの1つですが、他の字体にはない個性を出すことができるでしょう。

おしゃれで個性的なサインの作り方
『おしゃれ・個性的』✕『カリグラフィー』

カリグラフィーは、ただそれだけで十分な個性を発揮してくれます。

そこに独自の特徴を加えたり、組み合わせを考えて、よりおしゃれなサインを作ってみましょう。

実用&美麗!カリグラフィで一味違う手書きサインの作り方をプロが解説

冒頭でも紹介したように、この記事のテクニックはどれも上級編にあたります。

サイン作り初心者の方は、まず基礎基本から勉強してみることで、体系的に全体が理解できるでしょう。

サインの作り方:初心者から上級者まで、プロが教えるデザインとテクニック

子ども向けサイン

プロが教える子どものための手書きサイン作り方入門:これで今日から芸能人?

お子さまが使うサインの作り方や考え方を紹介しています。

基本的にはお子さまが作りたいように作り、親御さんはそっとアドバイスする程度に留めるのがよさそうです。

プロが教える子どものための手書きサイン作り方入門:これで今日から芸能人?

サイン作成はご署名ネットにお任せください

サイン作りがどうしてもうまくいかない場合は、ぜひご署名ネットにお任せください。

豊富な経験と実績のあるご署名ネットですので、理想的なサイン作りをお約束いたします。

ご署名ネット代表 兼 デザイナー
守屋 祐輔

サイン作成のお申し込みはこちら
取材・メディア等お問い合わせはこちら
ご意見・ご感想は下部コメント欄へどうぞ

守屋祐輔

守屋祐輔

ご署名ネットの代表兼デザイナー兼サイン専門家。これまでに2,100人以上、13,500点以上のサインを作成し、TV、ラジオ、雑誌なども出演。個人・業界人問わず、プロスポーツ選手、東京2020メダリスト、声優、アイドルのサインなど幅広く手掛けています。

カテゴリー:
関連記事



    ※ @〜.edu.jp、@hotmail は届きません *