日本人は『サイン』と『オンライン化』で利便性と自由度が飛躍的に向上する

テレワークが加速する中、わざわざハンコを押すためだけに出勤を強いられる会社員がいるというニュースを目にします。

これはまさにハンコ社会日本の大きな弊害の1つであり、世界から見ても圧倒的に非生産的かつ非効率な文化を生み出している原因といえるのではないでしょうか。

『サイン』と『オンライン化』。

この2つのキーワードにこれからの日本社会が働きやすくなるための秘密が隠されていると考えます。

実はサインは身近な存在です

契約書や請求書、申込書など身の回りのあらゆる場面でハンコが活躍する日本においてサインを書くシーンは限定されると思われがち。

例えば『クレジットカード』『パスポート』などがその最たるもので、人によっては『サイン色紙』『作品(書籍、絵画、写真)』などもその対象になりますね。

実はそれ以外でもサインをもっと身近に感じるシーンは存在します。

私の場合は持ち物の名入れ(ノートや手帳など)にサインを使ったり、自分の名刺にもサインをプリントしています。

クレジットカードは言うまでもありませんが、請求書印の代わりにサインを書いたり、銀行口座の開設でもサインを使いました。

探すと以外に見つかるサインの使いみちに驚く人もいることでしょう。

オンラインの広がりの遅さが致命的な原因

最近は電子承認サービスが普及し始めています。自分のハンコやサインをオンライン登録し、きちんと承認を受けることでオンライン上で本人が確認したことを証明するためのサービスです。

これがあれば遠隔地からでもネット上で契約書を締結することが可能なのですが、問題は導入のハードルの高さにあります。

慣れないうちは取り扱いが困難なイメージがつきまとい、今まで導入経験がないから他社動向を伺って検討し、挙げ句の果てに自社だけ先行するのはできないので足並みをそろえるという後回し戦略が目に見えていますね。

電子承認サービスを本格的に取り入れることで物理的な押印習慣から開放され、迅速かつスピーディーに仕事を進めることができるのです。

テレワークや在宅勤務もオリンピックに向けて整備が進められてはいたものの、やむを得ない昨今の状況に後押しされる形でスタートしました。

頭では良い制度とわかっていてもスピードが足りないの日本企業の特徴がよく現れていますね。

自筆サインが普及する良さ

ハンコの代わりに自筆サインが広まると革命的な効率化につながるケースが考えられます。

紛失の恐れが無くなるだけでなく、他人に使われてなりすましのリスクも低減できます(筆跡鑑定で本人を特定できる)。

出先でもペンさえあれば承認できますし、実印・銀行印・認印のような複雑な管理の手間も省くことができます。

世界中を見渡してみてもハンコを使っているのは実は日本だけというのはご存知でしたでしょうか?

ハンコのイメージがなんとなく強い中国でさえ、すっかりサイン文化が根付いた国なのです。

裏を返せばそれだけ希少な文化を継承する日本と考えることもできますが、見方を変えれば変化を受け入れない遅れた文化と見ることもあります。

サインをオンライン化すればさらに効率アップ

『サイン』と『オンライン化』。

この2つを組み合わせることで効率化は加速します。

自筆のサインをデータとして取り込み、それを電子承認して契約書などで使えるようにするのです。

どうせ自筆するならデザインにもこだわって作ってみましょう。多くの人に見られるサインだからこそ、オリジナリティを取り込んだスタイリッシュな形にすることをおすすめします。

手軽に書けるサインを電子承認して使えるようになれば鬼に金棒で、オンライン環境さえあれば契約書も請求書も相手を待たせることがありません。

ハンコを電子承認しても結果としては同じかもしれませんが、並行してサインを推し進めることで新しいものを積極的に取り入れるスピード感と一体感で広めていくことができるのでは、と思っています。

推し進めるチャンスを掴んでほしい

コロナウィルス禍で世間はこれまで後回しにしていたテレワークを導入せざるを得ない状況に陥りました。

効果がはっきり期待できるにも関わらず二の足を踏んでいた施策を推し進めるチャンスは今しか無いのではないでしょうか。

今の機会だからこそ大きく変化を受け入れて改革をもたらす時期だと思うのです。

やってみてうまくいかなければ別の方法を試せばいい。

行動ありきでどんどん新しい手法を取り入れていきたいものです。

Twitterでフォローしよう