なりたい理想像から逆算してサインを作るのがおすすめです

サインはあなたの分身です。

なりたい理想の性格をイメージしてサインを作るのはいかがでしょうか?

人は文字の見た目で決まる

誰かの手書き文字を見た時、受ける印象は様々。

  • きれいな字→きっちりした性格の人?
  • 筆圧が強い字→どことなくクセのある人?
  • 文字の大きさがバラバラ→まとまりのない人?
  • 読めない字→この人、大丈夫かな?という不安

など、文字を見ただけで内面を見透かされてしまうことがあります。

どれだけネットやITが発達してペーパーレス化したとしても、文字を一切書かないことなどありえません。

むしろ、そういう時代だからこそ手書きの良さが見直され、たまにある手書き文字を見てその人はどういう人か判断される機会が増えているともいえるのです。

あなたは周りからどう見られたいか?

サインの見た目であなたの内面を見透かされてしまうとうことは、逆にいうとサインのデザインであなたの内面の印象をコントロールできるということです。

特に初対面の人や普段馴染みのない人同士であれば、なおさらサインが与える印象は強くなるでしょう。

  • いつもおどおどしているけど、本当は自分の意思をしっかり主張したい!→力強い線を多様したサインがおすすめ。漢字サインでもいいですね。
  • 女の子らしくかわいい性格になりたい!→曲線やカーブを多く使ったサインがおすすめ。ひらがなのサインを作るという手もあります。

周りからどんな風に見られたいか?という判断基準を参考にしてみるのもおすすめです。

性格ごとにおすすめの文字

書く文字の種類によっても仕上がりのイメージはある程度決まります。

  • ひらがな→柔らかい線が多い。優しさや女性らしさ、シンプルなデザインを求める時におすすめ
  • カタカタ→カクカクした線が多い。ハッキリした性格や、力強さ、鋭さを求める時におすすめ
  • 漢字→止め、跳ね、払い、直線が多く、力強くて男性的なイメージが強い。
  • アルファベット→スタイリッシュさやかっこよさを演出する時に最適。

代表的な4種類の文字を紹介しました。

もちろんこれらのイメージが全てではありません。サインの書き方次第で、例えひらがなであっても鋭く力強いサインを作ることももちろん可能です。

あくまでもわかりやすい例としてお考えてください。

ちなみに、ご署名ネットで作成するサインのおよそ8割はアルファベットです

自分の分身と歩んでいこう

出来上がったサインはあなたの理想の性格を反映した分身です。

普段サインを目にする機会が少ない日本人の前でビシッとサインが書けると、『できるやつ、かっこいいやつ、仕事ができそう』と思ってもらえることが増えるでしょう。

一度作ってみて気に入らなければまた書き直せばいいだけですし、気軽にサインを作ってみましょう。

テクニック編

用途別編

アルファベット編

  • A  /  B  /  C  /  D  /  E  /  F  /  G  /  H  /  I  /  J  /  K  /  L  /  M  /  N  /  O  /  P  /  Q  /  R  /  S  /  T  /  U  /  V  /  W  /  X  /  Y  /  Z

Twitterでフォローしよう